クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

正月からプロペシア

あけましておめでとうございます。

今年も薄毛・抜け毛対策室をどうぞよろしくお願いいたします。

さて…

正月に久しぶりにテレビを見ていたら、万有製薬AGAのCMの多さに驚いた。

普段あまりテレビを見ないので正月期間だけなのかどうかは定かではないが。

あれだけ流れたら2010年はより

「薄毛は病気=AGA=病院で治療」

という認知が広まるだろう。

昔は薄毛対策を始める際に何から始めればいいのかわからなかった。

しかし今は薄毛も病気として認知され、まずは病院へという人が増えているようだ。

薄毛歴の長い人は各々自ら模索した対策方法や治療方法があるのでそうとも言えないようだが、薄毛歴の短い薄毛初心者はまず病院へ駆け込む傾向が強くなっているようなのだ。

独りの若者の例がある。

美容師の知人が勤めている美容室の同僚。29歳男性。A君と呼称しよう。
A君は美容師という職業柄、若い頃から金髪にするなど奇抜な髪型で頭皮と髪にダメージを与え続けてきた。それが災いしてか、20代後半突入直後から薄毛が進行。同僚に指摘され発覚。

悩む間もなくすぐに病院へ。

医師に言われるがままプロペシアを処方され、服用1年が経過。周囲から髪が増えたと言われ、自分自身も発毛実感がある。プロペシア服用以外の薄毛対策はしておらず、相変わらず金髪。頭皮や髪に与えるダメージは一切考慮していない。しかし、1日1回毎朝飲むプロペシアは1日たりとも忘れたことはない。飲み忘れると遅刻してでも家に戻って服用するという。

絶対という対策方法がなかった薄毛対策において、結果がはっきりしない育毛剤や育毛サロンよりも、病院での治療という方法はある程度信頼できる薄毛の治療方法だったようだ。物心ついた頃から我々は病気になったら病院という考えが身についており、過去に何度も病院で病を治療してきた経験がある為、病院に対してはある程度信頼があるようだ。しかも、自由診療とはいえ治療費が大分安くすむ。育毛サロンは料金設定が不透明で踏み込みにくい。

答えが見つからない薄毛対策をあれこれ考え悩むよりも、医師という専門家に任せ、効果が出ているプロペシアを処方してもらう方が精神的にも肉体的にも楽ということらしい。

プロペシアに関しては、副作用もあると言われているが、甚大な被害をもたらしたという報告は出ていない。

認可されて間もない薬だからこれから先はどうなるかわからないけど…。

2010年は薄毛に悩んだら病院へって流れがより一層加速しそうだ。

>>AGAの治療方法|フィナステリド(プロペシア)を病院で処方してもらう

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ