クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

AGAとは|AGA(男性型脱毛症)は医療機関で治療する頭髪が薄くなる病気

AGA(エージーエー)とは正式名称Androgenetic Alopeciaといい、別名「男性型脱毛症」と呼ばれ、成人男性によく見られる頭髪が薄くなる状態のことをさす。思春期以降に額の生え際や頭頂部がどちらか一方、または双方から薄くなっていき、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因。

現存する薄毛のほとんどがAGAだと言われている

早い人は20代前半から症状が出て、40代以降で発症率は格段に上がる。

AGAとはヘアサイクルが正常に働かなくなった状態

ヘアサイクルとは毛髪の一生のことで、

成長期

(毛髪がぐんぐん伸びる時期2~6年)

退行期

(毛髪の生産力が衰える時期約2週間)

休止期

(毛髪が活動を休止する時期約3ヶ月)

という3つの期間に分かれている。

加齢と共に休止期のまま活動を停止する毛髪が増えて、毛髪の全体量は徐々に少なくなっていく。これは人の老化現象なので仕方のないことだが、このサイクルが何らかの原因で異常をきたし、成長期が短くなってしまったり、6年のサイクルが数ヶ月~1年程に縮んでしまったりするのがAGAの特徴だ。

毛髪が成長しないうちに抜け落ちてしまうので、AGAの人は

抜け毛がミニチュア化(成長途中で細く短い毛髪)する。

脱毛した髪の中に成長しきってないミニチュアな毛髪が3割強あったらAGAである可能性大

AGAかどうか不安になったらAGAチェック!

  • 生え際から薄毛が進行してきた
  • 頭頂部が薄くなってきた
  • 生え際、頭頂部共に薄くなってきた
  • シャンプーやブラッシング時の抜け毛が多くなった
  • 抜け毛や生えてる毛に産毛や細い毛、毛髪のミニチュア化が目立つようになった
  • 脱毛した髪の中に成長しきってないミニチュアな毛髪が3割強ある
  • 髪に力がなくなってきた
  • 家族に薄毛の人がいる

上記の内容が多く当てはまるようだとAGAの可能性があると言われています。

気になる人は病院に言ってAGAかどうかが遺伝子でわかる検査を受けることもできる。

自宅でAGA遺伝子検査が出来る「AGAドック」というキットも発売されているので手軽に検査することが出来る。わずか30分足らずでAGA遺伝子検査が出来るのかなりオススメ!
実際にAGAドックを使用した体験記
もあるのでそちらを参照してもらいたい。

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

厳密に言うと、AGAの直接的な原因は未だに不明。ただそのメカニズムは大体解明されている。

男性にとってなくてはならない男性ホルモン「テストステロン」。
この「テストステロン」はヒゲや筋肉、生殖器の成長や形成に必要な男性ホルモンなのだが、なぜか、前頭部や頭頂部では「5αリダクターゼ」という酵素によって「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる活性型の男性ホルモンに変貌し、毛髪の働きを抑制するシグナルを出すのだ。

AGAはこの「DHT(ジヒドロテストステロン)」が原因

ということはわかっているのだが、なぜそんな大迷惑なシグナルを出すのかは未だ不明なのだ。

「AGA」記事一覧|1ページ目

1 / 2712345...1020...最後 »

ページの先頭へ