ジヒドロテストステロン(DHT)と5αリダクターゼがAGAの原因

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼがAGAの原因

AGA(男性型脱毛症)の脱毛部にはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型の男性ホルモンが高濃度にみられることから、

ジヒドロテストステロン(DHT)がヘアサイクルを乱す原因、つまりAGAの原因

と考えられている。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

「ジヒドロテストステロン(DHT)」とは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変化させられた活性型の男性ホルモン。

ジヒドロテストステロン(DHT)は髭などの体毛を濃くするが、毛髪を薄毛化する働きがあり、

毛根を萎縮させる力が通常の男性ホルモンの10~100倍

と言われている。

テストステロンとは?

テストステロンとは男性ホルモンの一種。男らしさを象徴するホルモンで、性欲や性器形成、男らしい肉体の形成等の働きがある。毛髪を太くする作用があり、直接の薄毛の原因ではない。

精巣から分泌され、20代をピークに減少し始める。減少することで性衝動が衰えると、不眠、集中力の低下、鬱、疲労感など、精神的にも身体的にも影響が出ると言われている。

5αリダクターゼがテストステロンを変化させる

毛乳頭や皮脂腺に存在する5αリダクターゼは、男性にとって必要不可欠な男性ホルモン「テストステロン」と結びついて、薄毛の原因となる活性型男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生み出す還元酵素。

テストステロンが減少する事によって、身体がジヒドロテストステロン(DHT)を産出しようとして5αリダクターゼが多く生成されると言われている。また生まれつき、この5αリダクターゼを多く生成する体質が遺伝している場合がある。1型と2型の2種類が存在する

1型5αリダクターゼ
1型5αリダクターゼは、皮脂腺に多く存在する。脂性でにきびが出来やすい人に多い。
2型5αリダクターゼ
2型5αリダクターゼは、毛乳頭に多く存在する。体毛や髭が濃い人が多い。

2型5αリダクターゼの方が薄毛の原因!?

現在、1型5αリダクターゼよりも2型5αリダクターゼの方がAGAに大きな影響を及ぼしていると考えられている。

2型5αリダクターゼが薄毛の原因と言われている理由
  • 2型5αリダクターゼが欠如している男性にはAGAが見られない
  • 1型5αリダクターゼは前頭部と後頭部の毛乳頭で見られるが、2型は前頭部のみ

ジヒドロテストステロン(DHT)と5αリダクターゼの遺伝的要素

5αリダクターゼの働きの違いや、ジヒドロテストステロン(DHT)産出量の違いが遺伝によって受け継がれると言われている。5αリダクターゼが活発に働く体質だったり、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成量が多いといった、薄毛になる要因を遺伝として受け継ぐのだ。

AGAが遺伝しているかどうか知りたいならAGA遺伝子検査を受けてみよう。


ページの先頭へ