クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

医療費控除が適用されるAGA治療

AGA治療は基本的に医療費控除適用外だけど、中には適用される場合がある。

適用されるのはAGA治療が治療行為と判断された場合らしい。

通常は美容整形などと一緒の美容を目的とする治療と判断されて中々適用されないようだ。

自由診療(保険適用外治療)は適用出来ないという人がいるが、それは間違い。自由診療であっても治療目的の場合は控除されるらしい。

AGA治療費用が医療費控除されるかどうかは、治療目的と判断されるかどうかによるようだ

医療費控除とは?

医療費控除とは、1年間で一定の金額以上医療費がかかった場合、その医療費の一部を税金から控除すること。

具体的には年間で医療費が10万円を超える場合で、かかった医療費から10万円(所得が200万円以下の場合、所得の5%)を差し引いた残りの1割が還元される。10万円というのは家族全員の医療費を合わせたもの。確定申告の際に領収書を添付して申請する。

※納めた税金を返金してもらうということなので、それ以上の額の税金を払っている人が対象であることに注意!

医療費控除は最終的に税務署職員の判断に委ねられる

医療費控除は病院代だけでなく、通院の為の交通費、薬局で買った薬代なども対象となるが、一方で美容や健康維持の為のものは基本的に医療費控除の対象にはならない。

AGA治療の治療薬に関しては薬事法で定める医薬品であり、医師が診断し処方した場合に限り、成人男性の男性型脱毛症の進行遅延という治療目的があるので問題なく医療費控除は適用されると思われるが、AGA治療自体が美容目的と判断されると控除は適用されない。

このように、治療内容によっては判断が曖昧なものもあり、最終的には税務署及び、税務署職員の判断に委ねられる場合もあるので、最寄りの税務署に問い合わせして確認することをオススメする。

控除を受けても受けなくても進行度に合ったAGA治療を


ページの先頭へ