クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

AGA治療、薄毛・抜け毛対策はなるべく早くが一番効果を生む!

薄毛・抜け毛対策やAGA治療は早期が重要

よく耳にする言葉ですが、なぜ早い方がよいのでしょうか?

薄毛の改善は毛母細胞の分裂回数が残っているうちに!

※ヘアサイクルの期間や毛母細胞の分裂回数は人によって違うのであくまで参考として。

ヒトの細胞分裂は、一部の生殖系細胞を除いてテロメアの働きによって約40~50回分裂したら終了と言われています。これは毛髪を生成する毛母細胞も一緒で

約40~50回分裂したら毛母細胞が寿命になり、細胞分裂が終了となります。
つまり、そこには毛髪が生えてこなくなるということです。

毛母細胞がヘアサイクル(毛周期)という一定のサイクルで分裂を繰り返し毛髪を生成するのですが、ヒトの細胞分裂の限界を考えると、理論上ヘアサイクルは約40~50回で終了ということになります。

正常なヘアサイクル1周が約2~6年と言われているので、最短ヘアサイクル期間2年、分裂回数が最少の40回の毛母細胞だったとしても、2年×40回で、毛母細胞の寿命は80年。

ようするに

最短期間、最少分裂回数でも正常なヘアサイクルなら、一生を十分カバー出来る期間分裂し続けることが可能

というわけです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の場合はそうはいきません。

AGAはヘアサイクルが正常に機能しなくなりヘアサイクル期間が短くなります。ヘアサイクルの期間が0.5~1年と短くなってしまった場合、0.5年×40回で20年。最大分裂回数の50回分裂したとしても25年で毛母細胞は寿命を迎え毛髪を生成できなくなるという計算になります。

AGAの早期対策でヘアサイクルの寿命を延ばせ

※ヘアサイクルの期間や毛母細胞の分裂回数は人によって違うのであくまで参考として。

毛母細胞の分裂が終了し寿命を迎えた箇所からは、どんな治療でも毛髪を再生させることは不可能です。

つまり、
AGA治療とは、毛母細胞の細胞分裂が可能なうちにAGA治療薬によってヘアサイクル期間を長くし、毛母細胞の寿命を延ばすこと
です。

毛母細胞の分裂が無限に続くのなら治療をいつはじめても問題ありませんが、約40~50回と分裂回数が限られている以上、分裂回数がまだ残っている内に、治療によって1サイクルの期間を延ばす必要があるというわけです。

正常なヘアサイクルを送る毛母細胞でも最短で80年経てば寿命を迎えます。ヒトである以上は細胞分裂に終わりがくるのは仕方のないことですが、重要なのは毛母細胞の寿命がいつくるかです。なるべく年を取ってからきてもらえるにこしたことはありませんよね。

AGAの原因である男性ホルモンは40代を過ぎるとピークアウトしていくので、ほっといても男性ホルモンによる毛母細胞への攻撃は徐々に減ってきます。男性ホルモンの分泌が活発な20代、30代の間に薄毛、抜け毛対策、AGA治療を行い、出来る限りヘアサイクルの期間を延ばしておくことが重要です。

ちなみに、毛母細胞があと何サイクルの寿命が残っているかを調べる検査方法はありません。アナタの毛母細胞の分裂回数はまだまだ残っていますか?


ページの先頭へ