クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

薄毛の進行度はハミルトン・ノーウッド分類で把握しましょう

ノーウッド分類図

一般男性が悩む薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)と言われています。AGAの進行度は大きく分けて7段階に分けられます。段階によって効果的な対策方法や治療法が変わってくるので、上のハミルトン・ノーウッド分類図で自分の頭髪状況に近いものをチェックしましょう。

ハミルトン・ノーウッド分類とは、アメリカのハミルトン医師が男性型脱毛の進行パターンを7つのステージに分類したもの。

AGAは大きく分類して、前頭部の生え際が後退するM型頭頂部から脱毛していくO型に分けられ、どちらか一方、もしくは両方いっぺんに進行します。

日本人に最も多い症状は頭頂部メインで薄くなっていくVertex Ⅱ型(上図参照)。

AGAの進行の仕方

第一段階
  • 分類レベル1:脱毛が始まっていないか、始まっていても気付かない程度
  • 分類レベル2:生え際から進行し始めているが、見た目的には問題のない状態
  • 分類レベル2(Vertex型):生え際からの進行と共に、頭頂部がO型に脱毛してきた状態
第二段階
  • 分類レベル3:生え際から徐々に進行が目立ち、頭髪全体のボリュームもなくなった状態
  • 分類レベル3(Vertex型):レベル3の状態に加え、頭頂部がO型に進行してきた状態
  • 分類レベル4:生え際から頭頂部にかけて進行している状態。
第三段階
  • 分類レベル5:生え際から頭頂部にかけて進行し微妙につながっているような状態
  • 分類レベル6:生え際から頭頂部にかけてかなり進行している状態
  • 分類レベル7:全体的にかなり進行している状態
 頭髪状況(症状)治療方法治療目的
段階前まだ進行していない。何もしない
育毛シャンプー
育毛剤
治療前。
人によっては一応頭皮ケア。
第一段階
(1~2)
まだ毛髪量は十分だが、抜け毛が増えるなど、徐々に薄毛の進行が始まる。育毛シャンプー
育毛剤
病院でのAGA治療
育毛シャンプーや育毛剤で頭皮ケアをしながら病院でAGA治療。AGA治療薬で現状維持と発毛を促進。
第二段階
(3~4)
すでに薄毛が進行している。既にAGAと診断され、AGA治療を行っている。病院でのAGA治療
育毛メソセラピー
植毛
通常のAGA治療。進行具合、薄毛具合によっては育毛メソセラピーを併用するか、植毛の方が効果的な場合がある。
第三段階
(5~7)
毛髪がない部分がある程度かつら・増毛
病院でのAGA治療
育毛メソセラピー
植毛
AGA治療でも発毛を期待出来ないことはないが、毛母細胞が死んでいる部分の発毛は絶望的。植毛は効果的だが、面積が大きいと現実的ではない。最終的には増毛で薄毛部分を隠すという対策方法になってくる。

薬によるAGA治療が最も効果的なのはノーウッド分類レベル3型位まで

ノーウッド分類レベル3型位までの症状は、毛母細胞がまだ生きている可能性が高いので、AGA治療の効果が出やすいと言われています。

逆に5型以上の症状になると、毛根が死滅している可能性が高いので、AGA治療で生える可能性はあるが、薄毛解消と言えるレベルの発毛効果が出るかどうかは微妙なところ…。

上の表を見てもわかる通り、

AGA治療は症状が軽い早めの段階に行うのが効果的です。

かかるAGA治療費用も大きく変わってきます。もちろん、早い段階の方が安く済む。まずは、自分の頭髪状況を把握する為に薄毛・抜け毛の危険度をチェック。

当サイトでもレベル2の人がAGA専門外来にてAGA治療を行っている治療レポートを掲載しているので是非参考にしてみてください。


ページの先頭へ