クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

脱毛リスクの結果報告|AGAドック

白い封筒の検査結果が到着

対策室員の谷村が、自宅でAGA遺伝子検査が出来る「AGAドック」で検査して約2週間。

期待と不安に包まれ情緒不安定な日々を過ごしていた谷村のもとにようやく検査結果が到着。

ついに対策室員の谷村に遺伝子レベルでのAGAのリスクがあるかどうかが判明する。

「会社名」と「報告書在中」とだけ書かれた白い封筒の中身は、「遺伝子検査結果報告書」と「AGAアドバイスブック」の2つの冊子。

AGA遺伝子検査の結果を踏まえ早めの薄毛対策

驚愕のAGA遺伝子検査結果と充実のAGAアドバイスブック
結果報告書とアドバイスブック

気になる遺伝子検査の結果だが、
対策室員谷村の脱毛リスクは…

基準値よりも少し高い!

残念、谷村!

脱毛リスクの基準値は40歳位までの男性の薄毛統計から判断しているらしい。基準値よりも少し高いってことは…通常よりも薄毛のリスクが高いということらしい。

AR遺伝子によるAGA遺伝子検査
37で基準値より少し高い

送付されてくるAGA遺伝子検査結果報告書には右写真のような感じで検査結果が記載されている。

AGAにはX染色体のAR(アンドロゲンレセプター)遺伝子(Androgen Receptor)における塩基配列のCAGとGGCのリピート(繰り返し)数が強く関与しているらしい。

何のこっちゃよくわからんけど、要はCAGとGGCのリピート数の合計が大きければAGAのリスクが減少し、小さければリスクが増えるということ。

リスクが高くもなく低くもないという基準値が38で、今回谷村の検査結果は基準値よりも一つ小さい37。ほんの少しAGAのリスクが高いという結果だった。

この数値は遺伝要因なので変えることが出来ない。どんな結果が出ても受け入れるしかないのだ。

AGAドックはAGAのリスクと対策まで教えてくれる頭髪の主治医

AGAドックの脱毛リスクは40歳位までの人の統計で判断したもの。要するに、20代や30代前半で薄毛の兆候がなくても、40歳位までに薄毛になる可能性の度合いを示したものだ。

AGAドックで脱毛リスクを知ることにより、まだ外見的に薄毛が進行していない人でも、自分が持つ脱毛のリスクを知ることが出来るのだ。仮にリスクが高いと診断されれば、早期にAGA治療を行うことが出来る。

AGAは早期治療が大切!年齢と薄毛が進行してからじゃ遅い。

また、検査結果の報告書が届いてから1年間は電話で無料サポートを受けることも出来る。携帯電話からもOKのフリーダイヤルで毛髪の悩みを思う存分聞くことが出来るのだ。電話サポートの際は検査結果報告書に記載されているID名を告げるだけ。AGAドックのスタッフさんが薄毛に関する質問に丁寧に答えてくれる。

AGA遺伝子検査を受けた感想

予想していたよりもリスクは低かったので実は嬉しかったりしてます。

とはいえ、今回脱毛リスクが高いという結果が出たおかげで、生活習慣や食生活といった毛髪にダメージを与える環境要因を無くしていこうと本気で考えるようになりました。結果待ちの間は変なテンションになってましたけど…検査してよかったです。

何となく付きまとっていた「薄毛な未来」をはっきり見つめることが出来るいいきっかけを作ってくれると思うので、「薄毛」の影に怯える暮らしを送っている方は是非お試しください。

脱毛リスクが判明する上に薄毛克服のアドバイスまで受けられるAGAドック。

一生に一度でいいんだから悩むくらいなら検査してみましょう。

AGAと遺伝の関係についてはAGAドック公式サイトで

ページの先頭へ