アルタス植毛と従来の植毛の違いを院長先生に聞いてきました!

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

アルタス植毛と従来の植毛の具体的な違い

笠井 敬一郎 院長
笠井 敬一郎 院長

日本で唯一植毛ロボットARTAS(アルタス)を導入し、ロボットによる植毛を行っている湘南美容外科クリニックのAGAルネッサンスクリニック新宿院

導入直後からアルタス植毛の情報をお伝えしてきましたが、お医者様が手で行う従来の植毛と、アルタスによるロボット植毛の違いをもっと具体的に知りたい!というご意見が非常に多く寄せられていました。

この度、植毛治療を考えているMさんがAGAルネッサンスクリニック新宿院で診察を受け、AGAルネッサンスクリニック新宿院の笠井 敬一郎院長に直接その違いについて聞いてきてくれました。

植毛費用の違いや傷跡の有無だけでなく、アルタス植毛が向いている人や従来の植毛が向いている人などより具体的な内容の違いを掴んでもらえると思います。ただし、実際の治療内容に関してはその人の頭髪状況で判断が変わってくるので、必ず無料カウンセリングで診断してもらうようにしましょう。

アルタス植毛と従来の植毛の違いはなんですか?

アルタス植毛はFUEという植毛方法で、医者が手で行う従来の植毛はFUTという植毛方法です。ロボットを使わずFUE植毛を行うのは非常に難しく技術が必要です。海外では多少、医師によるFUE植毛が行われておりますが、日本ではほとんどのクリニックがFUT植毛を行っています。

FUT植毛は移植する毛根の株を皮膚ごと切除してドナーを採取するので、後頭部に線状の長い傷ができる欠点があります。FUE植毛は移植する株を1株1株、細い針で採取するため傷跡がほとんど残りません。ただ、非常に細かい作業で時間がかかるので、熟練した医師でも採取した毛根を痛めてしまう可能性があります。

アルタスは人間の数倍の早くしかも正確にこの作業を行うことができます。人間の手では非常に難しかったFUE植毛がロボットの導入によって、より正確かつスピーディーに行えるようになったというわけです。

最も大きな違いは傷跡の有無でしょうか?

大きな違いは傷跡が残るか残らないかです。傷跡は自分が想像している以上にあとあと精神的なダメージになります。若い人は特に薄毛に悩む勢いに任せて傷跡のことを重く考えず切る方法を選択してしまいがちです。しかし、必ず将来様々な場面で弊害が出てきます。

例えば、坊主や短髪といったヘアスタイルができなくなります。傷跡があることによって、薄毛が解消されたとしても髪型を自由に選択することができなくなるのです。傷跡が残らないアルタスは五分刈りでも平気です。

過去に従来の植毛を行い、傷跡が残ったことを後悔し、傷の部分をアルタスで植毛してほしいいう患者さんもいらっしゃいます。可能ではありますが、通常よりも定着率が悪いのは間違いありません。

世界的に見ても従来の切る植毛を選ぶ人はまだ6割ほどいます。しかし、アルタス植毛の誕生によって切らないFUE植毛の精度が格段にアップしたことで、FUE植毛を選択する人が増えてきています。

通院回数に違いはありますか?

アルタスは施術日だけなので実質0回。従来の植毛は抜歯するために術後1回だけ来院していただくことになります。

あとは費用の違いですよね?

そうですね。アルタス植毛の方が施術費用は高くなってしまいますが、毎月キャンペーンを行っているので、本数によっては従来の植毛と変わらない価格でアルタス植毛を受けることができます。モニター価格もあるので是非活用して下さい。

アルタスじゃなくて従来の植毛の方が向いている薄毛はありますか?

傷跡があるかないかでその後の人生が大きく変わってくることを理解しているので、AGAルネッサンスクリニックではほぼアルタス植毛をオススメします。ただし、過去に従来の植毛を受けてもともと傷跡がある人などは従来の植毛の方が適している場合があります。

というのも、アルタスはドナー採取時に髪の毛を剃らなくてはいけないのです。傷跡がある人は髪の毛を剃ることで傷跡が目立ってしまい、隠れるまでに時間がかかってしまいます。

従来の植毛は切るだけなので、髪の長い人は切った箇所を隠すことができますが、アルタス植毛は剃る必要があるので、採取時の穴が一週間程度目立ってしまいます。剃るので隠すこともできません。一週間程度我慢すればすむ話なのですが、髪を剃ったり、穴が一週間目立つことが嫌で従来の植毛を選択する人もいます。ただ、一週間我慢するのと一生モノの傷を背負うのどちらがいいですか?というのは必ず確認します。

それに、剃った部分を隠すことができるウィッグを導入しているので、髪が伸びるまでの間ウィッグを利用する人も多くなりました。ウィッグを使えば傷跡はもちろん剃った部分も隠すことができますし、剃った部分が伸びてきたら、散髪して調整することで誰にも知られることなく植毛を終了することができます。

術後のダウンタイムや、毛髪が定着するまでの流れは一緒ですか?

一緒です。個人差はありますが、移植した毛髪は1ヶ月程度でほとんどの毛が抜け落ちます。3ヶ月後から細い産毛のような弱い毛が生え、徐々に太い毛に成長し、周囲の毛髪と同じような太さになるには約一年程度かかります。

アルタス植毛のメリット

線状の傷が出来ないので傷跡の気にすることなく髪型が自由です。頭部を切る外科手術である従来の植毛は、術者の技術によるところも大きいため、簡単にすすめられるものではありませんでしたし、受ける側もそれなりの覚悟が必要でした。切らないアルタス植毛は術後の傷も残らず、リカバリーも容易なので、手術というよりは“処置”に近い感覚で受けることができ、患者さんの精神的・肉体的負担も少なくてすむというメリットがあります。

アルタス植毛のデメリットは?

一株ずつ採取するので切って採取する場合よりも管理が難しくなります。株の状態によっては定着率が悪くなるので、毛髪再生医療で使用されるACELLといった粉や、株を状態よく保管するためにハイポサーマルという溶液を利用するなどデリケートな管理が必要になります。

ただ、アルタスは針などのソフトはもちろん、中身のソフトも順次バージョンアップされているので、施術時間の短縮はもちろん、正確性や定着率も向上しています。

AGAルネッサンスクリニックには導入して1年ちょっとですが、すでに200件以上の症例数があり、これは世界NO.1の症例数となっております。導入してから今まで一度も定着しなかった等の問題はありませんし、今後はよりスピーディーかつ正確な植毛が可能となっていき、デメリットは払拭されると感じています。

アルタス植毛も従来の植毛も投薬などを組み合わせた治療を行いますか?

基本的な考え方として、AGA治療はお薬での治療が最も大切だという考えにもとづき治療を行っています。植毛を行うのは薬だけの治療では完璧ではないと判断できる頭髪状況の場合です。

頭髪状況によっては植毛だけや、投薬治療、メソセラピー治療だけという人も中にはいますけど、基本的にはアルタス植毛も従来の植毛の場合も投薬治療など、その他必要だと判断される治療を組み合わせた治療をご提案させていただきます。

植毛に限らず、薄毛全般の新しい治療方法を取り入れています。今の薄毛治療はまだまだ完璧ではありません。植毛に限らずより良いものがあればどんどん取り入れて患者さんの役に立ちたいと思っています。

価格や内容が変更されている場合があるので、最新情報はホームページでご確認下さい。

ARTAS(アルタス)の詳細はこちら

SBC毛髪再生医療センター

ページの先頭へ