クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

キャピシルはミノキシジルを超えるのか?

キャピシルの検証データ

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として日本皮膚科学会もその効果を認め、プロペシア(フィナステリド)と共に絶大な信頼と認知度を持つミノキシジル。

そのミノキシジルよりも高い効果があり、しかも医薬成分ではないのでミノキシジルのような副作用の心配もないとして、国内外で人気を集める話題の育毛成分があります。その名も「キャピシルCapixyl)」。

ミノキシジルはもともと血圧を下げるお薬で、服用の際に多毛の副作用が出たことからそれを薄毛治療で利用しようとしたのがそもそもの始まり。

  • 全身の毛が濃くなる。
  • 倦怠感を感じる。

人によるので出る人と出ない人がいますけど、上記のような副作用の可能性があると言われています。出る人の場合は薄毛以上に多毛の症状に悩む人もいるそうなんでかなり深刻ですよね。

キャピシルはミノキシジルの3倍の育毛効果があるのに、副作用は一切ナシ。ほんとかよ!?って感じですけど、そうった情報をうたい何種類かの育毛剤が販売されかなり人気を集めています。

キャピシルの育毛効果は本当にミノキシジルよりも凄く、副作用や危険性はないのでしょうか?

キャピシルとは?

キャピシルとは、カナダの化粧品会社「LUCAS MEYER社」が開発・発見した、成長因子「アセチルテトラペプチド-3」と、植物エキス「アカツメクサ花エキス(レッドクローバー)」由来の「ビオカニンA」の2つを主成分とした有効成分です。

ビオカニンAとは?

育毛効果があるとされる大豆イソフラボンなどと同じフラボノイド(有機化合物)の一種。

AGAの原因と言われているDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5アルファリダクターゼ(還元酵素)の働きを抑制する効果があると言われています。

アセチルテトラペプチド-3とは?

4種類のアミノ酸によって形成されており、強力な細胞外マトリクスの修復作用を持つため、毛包の構造維持に働きかけるといわれています。つまり毛髪を生成させる働きが期待できるというわけです。

キャピシルの育毛効果は?

カナダの化粧品会社LUCAS MEYER社はキャピシルの効果・効能に関する検証データを公表していますが、それによると確かにキャピシルは5αリダクターゼの働きを抑制し発毛を促す効果があるようです。ミノキシジルの3倍の育毛効果なのかどうかはわかりませんけど、育毛効果は確かなようなので期待できそうですね。

参照:
http://www.aroma-beauty.ru/upload/iblock/cc2/cc295444443f8699c30abf3f34f12c73.pdf

検証データによるとキャピシル5%配合のローションを使用したようです。最近キャピシルを11%と高濃度で配合している育毛剤も発売されているようですが、キャピシルもミノキシジルのように高濃度の方が効果が期待できるのでしょうか。その点はわかりませんけど、ミノキシジルのようにいきなり高濃度を利用することで何かしらの問題が起きる可能性はあるかもしれません。

キャピシルは本当に副作用・危険性はないのか?

植物由来成分とアミノ酸ペプチドで生成された成分なので副作用の危険性はないと言われています。

ミノキシジルは高濃度で使用した場合に副作用が出る可能性が高くなります。開発会社が把握していないような高濃度キャピシルを使うことによって副作用的な症状が現れる可能性はあるかもしれません。開発会社の検証データで使用されたキャピシルの濃度は5%です。

キャピシル配合の育毛剤

Deeper 3D
Deeper 3D
Deeper 3D

モンゴ流シャンプーでお馴染みMONGORYUの育毛剤「Deeper 3D」。

キャピシル5%配合で、それ以外にもモンゴル人やインディアンのヘアケアエッセンスや、成長因子をたっぷり配合。

93.3%の人が継続使用し、12ヶ月時点での不満度0%!継続することで育毛効果がより実感できると評判の育毛剤です。

ザ・スカルプ5.0c(Scalp5.0C)
ザ・スカルプ5.0c(Scalp5.0C)
ザ・スカルプ5.0c

キャピシル5%配合のスカルプローション「ザ・スカルプ5.0c(Scalp5.0C)」。

キャピシル5%配合で、それ以外にもプラセンタや成長因子など育毛効果の高い成分が凝縮されています。

公式ページで紹介されている使用者の写真を見ると、みなさん頭頂部の薄毛を見事なまでに改善している模様。これはかなり期待できるのではないでしょうか。

ページの先頭へ