クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ホップエキス

ホップの雌花穂(球果)から抽出される。

ビールの苦味料としてよく知られているが、民間薬として健胃、利尿、鎮痛などに使われてきた。有効成分はタンニン。

ホップエキスの使用用途

抗酸化作用、保湿作用、抗炎症作用、収れん作用、髪の毛を黒くするメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の運動能力や増殖活性を高める効果や、メラノサイトが正常に働くように制御する遺伝子を増やす効果、動脈硬化を予防する作用、ホップエキスのタンニンには、ひきしめ効果と抗菌作用

ホップエキスの安全性

○:安全

ホップエキスが配合のヘアケア製品

ページの先頭へ