クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

コレカルシフェロール

ビタミンD3。

指定添加物。

ビタミンDは、肝油の中から、くる病の予防効果のある成分として、ビタミンAと別に採りだされた油に溶けやすいビタミンであり、肝油の他、肝臓、卵黄、バター、青身の魚類などに含まれている。

太陽光線(紫外線)の助けを借りて、体内でビタミンD3を作り出すこともできる。

体内では、ビタミンD2もD3も同様な働きをし、同じように代謝されるため、ビタミンD類としてまとめられることも多く、食品の表示でも区別しないでもよいことになっている。

ビタミンDは、医薬品的な傾向が強く、食品添加物としては、調整粉乳、乳飲料、栄養ドリンクなどに使われている。

コレカルシフェロールの使用用途

栄養強化剤、カルシウムとリンの平衡の維持、骨や歯へのリン酸カルシウムの沈着を促進

コレカルシフェロールの安全性

○:安全

コレカルシフェロールが配合のヘアケア製品

ページの先頭へ