クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

マンニトール

マンニトールとは、広く植物に存在し、自然界で最も多い糖アルコールであり、植物のマンナ等から抽出する。

ソルビトールと同じ多価アルコールだが、構造が異なるために、ほとんど吸湿しない。

マンニトールを多く含む食品は、昆布、わかめなどの海藻類、干し柿、樹木、キノコ類など。干しワカメや干ししいたけが、長期保存に耐えるのはマンニトールが多いためである。主に食品添加物としてガムやキャンデーなどの菓子類また、糖衣錠のコーティングなどにも使われる。クリームなどのべたつきを抑えさっぱり感を出すために配合される。

マンニトールの使用用途

結合剤、香味剤、保湿、湿潤剤、保水剤

マンニトールの安全性

○:安全

ページの先頭へ