クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

キサンタンガム

キサンタンガムは、粘性を高めたり、乳化剤、補水の目的で、乳液、クリーム、ジェル、練りハミガキなどの市販の基礎化粧品にも幅広く利用されています。
微生物キサントモナス・キャンペストリスがブドウ糖等を発酵して得られた多糖類を精製し、粉末にした天然のガム質です。淡黄色の粉末で、水や熱湯に容易に溶けて中性の粘液となり、低濃度で高粘度の溶液になるという特徴を持っています。

直接の育毛効果はありませんが、育毛剤に粘性をもたせ、液ダレせずに頭皮に留まるようにすることで、有効成分の効果を高めます。
粘性により頭皮で保護膜のような働きをし、水分が蒸発するのを防ぐことで乾燥から守り、頭皮の潤いを保つことで頭皮のハリを保ち、フケや痒みを防ぎ頭皮トラブルを防ぐ効果が期待できます。

キサンタンガムの使用用途

増粘剤、乳化剤として使用肌表面では保護膜をつくり、保湿性を高めると言われています。

キサンタンガムの安全性

○:安全

毒性試験のデータはほとんどありませんが、もともとキャベツに含まれている成分なので、危険性はないと言われています。
摂取量さえ間違わなければ安全性は高い。

キサンタンガムが配合のヘアケア製品

ページの先頭へ