クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31

別名IGF(インスリン様成長因子)と呼ばれ、細胞の活動を活性化する働きがあります。
毛母細胞や毛乳頭の維持・増殖に作用し、発毛機能を促進させると言われ、KGFと同じ成長因子の一つです。

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31の使用用途

成長因子、皮膚コンディショニング剤

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31の安全性

▲:不明

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31が配合のヘアケア製品

ページの先頭へ