ビタミンA油(レチノール)

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ビタミンA油(レチノール)

ビタミンA濃度の高いタラ・マグロ・メヌケなどの水産物の肝臓などから得る脂肪油、又は植物油にビタミンAを加えたもの。

肌荒れに対する成分として利用されてきましたが 最近の研究で、活性酸素除去作用、光老化や加齢によるシワの改善にも優れた効果が期待できることが判明。表皮細胞の再生を促したり、線維芽細胞を活性化させる働きがあるといわれている。

ビタミンAが欠乏すると肌が持つ従来の機能が完全でなくなり、結果乾燥状態になったり、細菌感染を起こしやすくなってニキビや吹き出物などのトラブルにつながる。

ビタミンA油(レチノール)の使用用途

成長促進作用、視覚作用、上皮細胞保護作用、細菌感染防止作用

ビタミンA油(レチノール)の安全性

○:安全

ページの先頭へ