クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

自分がハゲているか心配な人にチェックしてもらいたいこと。

薄毛を気にする人

ネット掲示板などに頭部の写真を載せて、見知らぬ人に自分がハゲているかどうかのを質問する人がいるという記事を書きましたけど、

参考:自分の薄毛の状態が知りたい人は病院の無料写真診断を利用しよう

当サイトにもメールLINE@などを通して相談があります。相談を受けていく中で、ある傾向が見えてきたのでそれをみなさんに共有しますね。

薄毛かどうかの相談を受ける中で気付いた事

写真で見てもわからないレベルの人が多い

写真だけ見ても、全然!どこが?というレベルの人が多いです。

「おでこ広くないですか?」、「つむじ薄くないですか?」

と聞かれるんですけど、おでこはもともと広い人もいますし、狭い人もいます。あきらかにハゲ上がってると誰もが感じるレベルの人じゃない限り、広いのはハゲの影響ですか?と聞かれても答えられません。

つむじも、もともと毛の流れの中心部なので、他の箇所よりは薄いんです。これもあきらかにつむじとは呼べないレベルにまで薄くなっていないと判断は難しい。

最近薄くなってきたというならまだしも、もともと薄かったり、広かったりする場合は判断するのは難しいので、まずは以下のセルフチェックを行ってください。

自分がハゲているか心配になったときのセルフチェック手順

他人から指摘されるレベルで薄くなっている人

中には誰がどう見ても薄いかもなあ…って人もいます。

ある日鏡を見て気付いた…。

偶然鏡に写る頭頂部を見て愕然とした…。

などは、薄毛に気付いた瞬間あるあるで、前触れもなくある日突然訪れます。みんなそうです。

自分で気付く以外は、”友人にヤバイって言われた”だの、”家族にヤバイって言われた”と、他人から何らかの指摘を受けたことで薄毛を心配し始めるパターンがあります。ハゲは、ある程度気の置けない人じゃないと指摘しにくいと思うので、そういう人は大事にしましょうね。

さて、このように現時点であきらかに薄毛が進行していると思しき人は、いきなりですが病院に行ってください。近くにAGA専門の病院があればなお良し。AGA専門病院の場合はほとんどの病院で無料カウンセリングを行っているので、無料カウンセリングに行ってください。

できれば幾つか病院をまわって、一番良かった病院を選択してください。

料金、症例数、信頼できるかどうか。

最低でもこの三つが納得できる病院を選ぶようにしましょう。

他人が見てもわからないレベルの薄さだけど、とても悩んでいる人

写真を見てもどこが薄毛なんだかよくわからない人。

全然平気です。と言われることで安心できればいいですけど、一度生じた不安を消すのは難しいんですよね。

何かしら客観的に判断することで現実的に対処しましょう。

気になる部分の写真を定期的に撮影し、薄毛が進行しているかどうかを客観的に比較検討する。

病院でも行われることですが、写真を撮影して経過を見ることで、薄毛の進行や改善を客観的に判断します。どんどん薄くなっていると感じていたのに、写真で見比べてみるとさほど変わっていなかったなんてことはよくあります。見比べてみて本当に進行していたら、治療という次のアクションに移すための動機づけになります。

しっかり比較できるように、同条件(光量、アングルなど)で撮影するようにしましょう。大体1ヶ月単位でいいと思います。


AGA遺伝子検査を受けてみる

写真比較をして問題ないのにそれでも不安が消えない人は一度病院に行ってAGA遺伝子検査を受けてみましょう。

AGAのリスクを調べる検査です。遺伝レベルでリスクがないという結果が出ることで、不安が解消される場合があります。今現在は悩んでいないけど、将来ハゲるんじゃないかと不安な人もAGA遺伝子検査を受ける人は多いです。お父さんがハゲている人とか、ご主人がハゲているので、子供がハゲるんじゃないかと不安に感じたお母さんとか。

ただし、遺伝子レベルでは低リスクと判断されても、薄毛は後天的な要因もあるので油断は禁物です。リスクがあってもハゲない人はハゲないし、リスクがないと判断されても、ハゲる人はハゲるのでしっかり状況に応じた判断をする必要があるでしょう。

AGA遺伝子検査はAGA専門病院であればほとんどの病院で行っています。大体2万円くらい。病院に問い合わせてみましょう。


何かしらの薄毛対策をする

どうしても不安が消えない人は何かしらの薄毛対策をすることで不安が解消される場合があります。

そういう人は、薄毛を放置しているということに不安を感じているので、何かしらの対応を行うことで安心するのです。

育毛剤でもいいですし、育毛シャンプーでもいいです。

もし本格的にAGA(男性型脱毛症)の予防を考えるのであれば、病院でフィナステリド(プロペシア)を処方してもらって服用するのもアリだと思います。

病院によって異なりますが月額大体7,000円くらいです。病院に相談してみてください。

自分がハゲているかどうかは、進行しているかどうか、抜け毛が増えているかどうかが重要

見た目にそこまで薄毛じゃない人は、

薄毛は進んでいるのか?

抜け毛は増えているか?

に注目してください。

前頭部M字部分であれば、徐々に後退しているか?頭頂部であれば、薄くなって頭皮が見えるようになってきているか。

写真を撮って定期的に見比べることで客観的に判断できます。

あと、日々の抜け毛が増えているかもチェックしてください。誰しも平均すると一日100本近い毛は脱毛します。これは動物本来の生理現象による正常な抜け毛です。今までとは違ったあきらかに異常と思しき脱毛が起きた場合は、注意して頭部の状況をチェックしてください。季節の変わり目などは、普段よりも脱毛量が増えることがあります。でもそれは一定期間を過ぎれば落ち着くはずです。一定期間を過ぎても落ち着かず、薄くなっていくようであれば、何らかの異常が発生している可能性があるので、そうなったら必ず病院に相談してください。

不安にならないでください。

今の時代、初期段階であれば病院での治療で薄毛を改善することができます。

ハゲたら終わりと言われていた昔とは違うんです。

いざとなったら病院で治療すれば何とかなる。

そう思ったら少しは楽になりませんか?

もちろん、早めの治療が大事ですから、油断せずにこまめな毛量チェックは欠かさないようにしましょうね。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめAGAクリニック

AGAクリニック一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

ページの先頭へ