クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

目を酷使する人は育毛の為にもシステインを摂取しましょう

システイン
L-システイン 500mg 100粒

目の使い過ぎは薄毛の原因になる。

聞いたことがある人います?果たして本当でしょうか?

一見無関係に見える目と薄毛。
目を酷使した際の修復に使用されるアミノ酸の一種

システイン

が毛髪生成時の材料というつながりがあります。

つまり、「目の使い過ぎは薄毛の原因」というのは、

目の修復にシステインが使用されると、毛髪生成時に十分な量を使えなくなる

というところからきています。

また、システインには毛髪を太くするコラーゲンの生成を促す作用もあるので、他で使い過ぎるのは毛髪の成長にもよくないと言われています。

というわけで、なるべく普段からシステインを消費しない生活を心がけることが育毛につながるとうわけです。とはいえ、仕事で目を酷使せざるをえない人なんかは気をつけようがありませんよね?

やむを得ずシステインを消費する生活になる人は、日頃から意識的にサプリメントや食事でシステインを摂取し、消費分を補うことを心がけるようにしましょう。

システイン不足を解消することが薄毛対策の第一歩です!

システイン(シスチン)とは何か?

システインは必須アミノ酸であるメチオニンから肝臓で作られ、頭髪、爪、肌のケラチンを構成する非必須アミノ酸のことです。肝臓を有害物質から守り、組織の酸化や脂質の酸化を防ぐ働きがあり、しみ、そばかすを薄くするサプリメントとしても有名です。髪を作る材料にもなります。

※シスチンはシステインが2個結合したものであり、基本的な体内での働きは同じと言われています。

システインを増やすには?

毛髪はたんぱく質が体内で分解された成分であるアミノ酸からできています。
そのアミノ酸の正式名称がシステインです。

長時間のパソコン、ゲームといった目の酷使による網膜への負担や、飲酒によって増えた有害物質アセトアルデヒドを代謝することによってもシステインは消費されるので、薄毛・抜け毛を気にする人は、システインの消費を抑える生活を心がけるか、消費されるシステインを補う生活を心がけましょう。

システインは食品から摂取する方法とサプリメントから摂取する方法があります。

食品から摂取する

体内でシステインを作り出す元のアミノ酸であるメチオニンを含む食材を摂取する方法があります。メチオニンはのり、チーズ、鶏レバー、鶏肉、マグロの赤身、サンマ、大豆、卵、牛肉、牛乳などに多く含まれますが、これらの過剰摂取は動脈硬化のリスクを高める危険性も指摘されているので注意が必要です。

サプリメントで摂取する

システインはしみ・そばかすを防ぎ、爪の健康を保つといった女性が注目する効果があるので、様々なサプリメントが発売されています。

最も手軽に、最も効果的にシステインを摂取できる方法といえるでしょう。

システインの育毛効果は?

システインはあくまで毛髪生成の材料なので、過剰摂取しても育毛効果があるかどうかは不明です。

目を酷使したり、お酒を飲む機会が多いといった、システインを消費する生活を送っている人は、消費した分のシステインを補う事は心がけるようにしましょう。

一番良いのはシステインが消費されることなく、しっかり毛髪の生成に使用される生活です。過剰な飲酒はもちろんですが、パソコンの長時間使用やゲームのやり過ぎは目の酷使だけでなく、長時間同じ姿勢で過ごすことにより血行も悪くなり運動不足の原因にもなります。

血行不良は薄毛の天敵。

適度な運動と適度な飲酒。

システインを意識した生活を送ることによって、毛髪の生成を意識した生活を送ることになり、結果として育毛や薄毛対策を意識した生活につながっていくことになります。

薄毛対策だけでなく、健康の為にも大事なことばかりですよね?
薄毛対策に限らない、身体の為の健康的な生活は頭皮にも良い効果をもたらすというわけです。

おすすめシステインサプリはこちら

ページの先頭へ