クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

薄毛に悩む男性は皮膚科よりもAGA専門病院へ

皮膚科

薄毛は病院で治療という選択肢が当たり前になってきました。AGA(男性型脱毛症)の治療薬「プロペシア」が国内で認可されて以来、AGA治療という言葉が一気に広まりましたね。

それでも、薄毛とAGAの違いがわからなかったり、病院といってもどこの病院に行けばいいの?何科?みたいな人もまだまだいっぱいいます。というか、こういう人の方がまだまだ圧倒的に多いはず。

風邪を引いたら内科に行くし、怪我をしたら外科に行きます。じゃあ薄毛は?確かにいまいちよくわかりませんよね。

AGA治療専門の病院があるのは何となく知っているけど、いきなり専門病院とかアリなの?とか、わからないので色々不安になります。

そこでみなさんが考えるのが皮膚科。

薄毛は頭皮と密接な関係があるはず。頭皮は頭の皮膚だし。皮膚だったら皮膚科でしょ!というわけです。

これは当たり。

認可された治療薬「プロペシア」や、その後登場したプロペシアのジェネリック医薬品を処方してもらえるのはAGA専門病院以外では、皮膚科のある病院です。すべての皮膚科で処方しているとは限りませんので、診察を受けに行く際は必ず前もって問い合わせしてから行くようにしましょう。

では、一般病院の皮膚科とAGA専門病院の違いはなんでしょう?

専門病院とそうじゃないところの差は症例数の多さや、治療内容の種類改善効果など色々あります。自分がどっちに行ったらいいのかわからない人のために、それぞれの違いやメリット・デメリットをご紹介します。

AGA専門病院と皮膚科の違い

 AGA専門病院皮膚科
AGA遺伝子検査有り無し
無料カウンセリング有り無し
予約完全予約制予約制じゃないところが多い
通院月1回程度3ヶ月~6ヶ月に1回程度
1回の処方量によっては月1回
治療方法治療薬の処方
メソセラピー
植毛など
治療薬の処方
処方薬AGA治療薬
頭部の状況に応じて複数の処方薬を組み合わせる場合がほとんど
AGA治療薬
フィナステリド単剤処方がほとんど
費用
(投薬治療)
4,000~30,000円程度7,500~15,000円程度
治療目的発毛促進AGAの進行遅延、現状維持
メリット検査や経過検診等があり安心
AGAの専門医がいるので細かい診断が可能
その人に合わせた治療内容を組んでくれるので治療効果が出やすい
症例数が多いので安心
患者さんがみな薄毛に悩む人なので気まずくない
現状維持目的なら良い
近場にある
デメリット費用が高い
近場にない可能性
発毛効果は不安
専門外の医師の場合、細かい診断が出来ず不安
症例数が少ないので不安
薄毛治療の患者ばかりではないので気まずい

AGA専門病院と一般病院の違い

上記はあくまで一般的な比較表です。皮膚科によってはAGA治療に力を入れて上記表に当てはまらない病院もあります。専門病院並みの治療内容や症例数を誇る皮膚科も存在するので、自分が通う皮膚科の治療内容を確認するようにしましょう。

どんな治療でもそうですけど、専門病院の方が症例数が多く、治療内容も豊富なので、自分の薄毛に合った治療を行ってくれる可能性が高いといえるでしょう。薄毛治療は人によって効果の出方が異なる治療なので、自分に最適な治療を選択できるのは、薄毛を改善するという目的を遂行する上でも大きなメリットとなります。

皮膚科でもいい人・AGA専門病院に行った方がいい人

皮膚科でもいい人
  • 薄毛に悩む女性
    (まずは皮膚科で相談して、改善しないようなら女性の薄毛専門クリニックへ)
  • AGA(男性型脱毛症)による薄毛じゃない人
    (円形脱毛症や、その他怪我などによる薄毛などあきらかにAGAが原因じゃないと思われる薄毛の人。何が原因かよくわからない人はAGA専門病院へ行きましょう)
  • 現状維持の治療や、薄毛予防のための治療がしたい人
    (フィナステリド処方だけでオッケーな人)
AGA専門病院に行った方がいい人
  • 薄毛に悩むすべての男性
    (AGAかどうかの判断を含め、まずは専門病院に相談すべき。)

AGA専門病院の患者はみんな仲間

某掲示板にて悲しい出来事が報告されました。

薄毛が気になって皮膚科にいったんだが、受付の女に笑われた 悲しすぎて診察受けずに帰ってきた

俺なんか笑われるようなことしたかな…
まだ20歳なのに泣きたい

俺「診察書出す」
女「今日はどうされましたか?」
俺「あの…薄毛治療とかやってます…?」
女「プフっ あっ違うんです
俺「ダッシュで逃げ帰る」

もう行けないわあの皮膚科

某掲示板

受付嬢酷すぎ。「違う」って何がだよ!

こんな受付は中々いないと思うんで特殊な例だと思いますけど、皮膚科だから起きた悲劇とも言えます。

基本的に皮膚科には薄毛治療で来る患者さんばかりではありません。はじめて薄毛治療の患者さんが来たから吹き出したのか…、それとも同僚と最近薄毛治療の患者さん来ないね、と話していたタイミングでちょうどよく来たから吹き出したのか…、それともその日は普段全然来ない薄毛治療の患者さんが立て続けに来院したから吹き出したのか…。真相はわかりませんけど、薄毛治療という言葉が何かしらのトリガーとなって吹き出したのは間違いありません。

AGA専門病院の場合は、来る人全員が基本AGA治療・薄毛治療の患者さんです。基本完全予約制なので、突然行って、薄毛治療やってますか?と聞くこともありません。受付嬢も毎日のように聞いている「薄毛治療」なんて言葉じゃクスリとも笑えません。

待合室にいる患者さんは基本全員薄毛治療の患者さん。妙な親近感を覚えます。みんな同じ悩みを抱えて生きているんだなあ…。俺も頑張ろうっと。そんな気持ちにさえなります。

AGA治療専門病院で「薄毛治療」という言葉を発して笑われるなんて絶対にありえません。

皮膚科も専門病院も薄毛治療は保険適用外です

一般的なハゲの治療は皮膚科だろうが、AGA専門病院だろうが、基本的には保険適用外の自由診療となります。

皮膚科などで保険適用となるのは、円形脱毛症や、その他怪我などによる薄毛の場合です。一般的に男性が悩むハゲの治療はAGA治療となり自由診療です。

皮膚科の方が専門病院よりも安いと思われがちですが、薬の治療だけで言えば、一般病院の方が高かったりします。AGA専門病院はOEMでクリニックオリジナルの治療薬があったりするので、同じ薬代だけで見れば一般病院よりも安いことが多いのです。

高額なイメージがあるのは、薬以外のメソセラピーや植毛など、一般病院では行っていない高額治療があるためでしょう。これらの治療は確かに高額ですが、薬だけの治療よりも効果は高いので、進行した薄毛の人にはなくてはならない治療だったりします。

近くにAGA専門病院があればまずは無料カウンセリングへ

一般病院・皮膚科とAGA専門病院の大きな違いの一つに、治療前のカウンセリングがあります。

AGA専門病院はほとんどの病院が治療前に無料のカウンセリングを受けることができます。カウンセリングは専門カウンセラーが行いますが、病院によっては医師自らカウンセリングしてくれる病院もあります。

自分の薄毛がAGA(男性型脱毛症)なのか。そもそも治療は必要なのか?独りで悩んでいても解決しないことを薄毛のプロに無料で相談することができます。

無理な勧誘が怖いから無料カウンセリングは行けないという人がいますけど、ネットやSNSで誰でも発信できる時代ですから、強引な勧誘なんてしたらすぐに炎上してしまいます。そもそもあくまで病院、医療機関ですから無理な勧誘はないので安心してください。

ただ、カウンセラーによっては多少営業チックなところや、何となく頼りないカウンセラーもいたりするので、カウンセラーの良し悪しも含め、カウンセリングを病院を選ぶ際の参考にするようにしてください。


ページの先頭へ