クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

2010年は育毛剤、植毛市場拡大

プロペシア

爆発的な人気のプロペシア

2010年のヘアケア市場は増加すると予想されているようだ。

理由は、

・ストレス社会による薄毛人口の増加

・高齢化による薄毛人口の増加

・消費者のアンチエイジング志向の高まりによる、自身の薄毛の認知度アップ

となっている。

要するに、薄毛が増え、今まで薄毛と自覚していなかった人が薄毛を自覚し始めるらしい。

ヘアケア市場は2009年度まで2年連続で減少。

不況により業界全体の7割を占める「かつら市場」の大幅減少が影響している。また「シャンプー市場」「リンス市場」「トリートメント市場」といった誰でも使用する普段のヘアケア剤市場の減少も目立つ。

逆に拡大しているのは「育毛剤、発毛促進剤市場」、「植毛市場」だ。

2010年度はこの2つの市場がより拡大し、ヘアケア業界全体の市場規模も増加すると言われているのだ。

「育毛剤、発毛促進剤市場」の拡大は、医療機関で医師に処方される「医家向け流通」も含まれていることから、間違いなくAGA治療で処方される「プロペシア」の影響だろう。

「植毛市場」は昔からあった市場ながらも、いまいち認知度が低かった。ここへきて認知度が徐々に高まり、高額ながら1度植毛したら自分の毛髪となり、生え変わり続けるということで、ランニングコストを考えるとかつらよりもコストパフォーマンスが優れているんじゃないか?ということで植毛に挑戦する人が増えたということらしい。

何にせよ、AGA治療やら植毛やらが世間に認知されることによって、昔よりも薄毛治療は身近なものになった。

不透明だった薄毛業界も「病院で治療」というわかりやすい形になったおかげで相談に行きやすくなった。

「かつら」に抵抗があって薄毛を放置するしかなかった人も、植毛技術の認知度が高まることによって、植毛で薄毛治療をしてみようかと、あきらめていた薄毛克服の第一歩を踏み出そうと考えることが出来るようになった。

2010年度のヘアケア市場拡大。

薄毛の増加もさることながら、今までどうすることも出来ずに悶々としていた薄毛さん達が薄毛克服に向けて動き出すことによる拡大なのかも。

薄毛が増えても、薄毛を自覚する人が増えても、薄毛治療の環境がよりオープンになって、薄毛に悩むことがない時代がやってくるような気がする。

AGA

薄毛の悩みはとりあえず病院で相談な時代

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ