プロペシア(フィナステリド)が安い病院はここです!

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

プロペシアやフィナステリドの安い病院はどこ?

プロペシア画像
画像:AGAスキンクリニック

プロペシアはMSD株式会社(旧万有製薬)が販売する日本で初めて認可されたAGA治療薬です。AGA(男性型脱毛症)の進行を止める効果があり、AGA治療では主にディフェンスの役目を果たします。

AGA専門病院での薄毛治療は、プロペシアで薄毛の進行を止めて、ミノキシジルで育毛を促進するという、オフェンス・ディフェンス両方を駆使した治療が主な治療方法となります。

プロペシアは薬の名前で、主成分はフィナステリドと言います。海外では、プロペシア以外にもプロペシアのジェネリック医薬品として数多くのフィナステリドが販売されていますが、日本ではまず最初にファイザー社から販売されているフィナステリド錠0.2mg「ファイザー」、フィナステリド錠1mg「ファイザー」が国から認可され、その後続々と後発フィナステリドが販売されている状況です。

2017年2月現在、日本で認可を受けているフィナステリドは「プロペシア」と「ファイザー社のフィナステリド」、沢井製薬のフィナステリド錠「サワイ」と漢方薬で有名なクラシエのフィナステリド錠「クラシエ」、東和薬品のフィナステリド錠「トーワ」、武田薬品のフィナステリド錠「SN」の6種類

フィナステリド(プロペシア)の安いクリニックは?

AGAスキンクリニック

  • プロペシア:4,200円(初回)、7,000円(2回目以降)
  • ファイザーフィナステリド:4,200円(初回)、6,000円(2回目以降)
AGAスキンクリニックのホームページ
AGAスキンクリニック公式

GACKTさん出演のテレビCMでお馴染みのAGAスキンクリニックです。

フィナステリド・プロペシアの単剤処方はもちろん、ミノキシジル内服・外用、ビタミンなどがセットになった総合的なAGA治療薬もあり、初期段階の薄毛から、進行した薄毛まで治療可能です。

中でも強力な発毛効果で高い人気なのが育毛メソセラピー。注射を使って育毛成分を頭皮に注入することで高い発毛効果をもたらすと評判です。

国内最多の全国45院で主要都市を網羅しているので、AGA専門病院が少ない地方の方も通いやすいというのも大きなメリットですね。

AGAスキンクリニック公式サイト

AGAルネッサンスクリニック・湘南美容外科クリニック

  • プロペシア:4,200円(初回)、6,500円(2回目以降)
  • ファイザーフィナステリド:4,200円(初回)、6,000円(2回目以降)
  • HRオリジナルフィナステリド:1,800円(初回)、3,000円(2回目以降)
湘南美容外科クリニック
AGAルネッサンスクリニック公式

ロボット植毛「アルタス」でお馴染みの湘南美容外科クリニックプロデュースのAGAルネッサンスクリニックです。

こちらもフィナステリド・プロペシアの単剤処方はもちろん、ミノキシジル内服・外用、ビタミンなどがセットになった総合的なAGA治療薬、育毛メソセラピー治療を受けることができます。

また、投薬によるAGA治療以外に植毛施術も行っており、傷跡の残らない植毛ロボット「アルタス」による植毛症例数は国内NO.1の実績を誇ります。

植毛はAGAルネッサンスクリニック全国3院と湘南美容外科クリニック仙台院の計4院でのみ可能ですが、AGA治療薬の処方は全国25院の湘南美容外科クリニックで可能です。

湘南美容外科クリニック公式サイト

フィナステリド(プロペシア)の平均価格は6,000~8,000円くらい

病院によって多少の差はありますが、AGA専門病院のフィナステリド・プロペシア価格は大体6,000円~8,000円くらいです。

この価格よりも高ければ平均よりもちょっと高いかな?と思って問題ないでしょう。高い病院だとプロペシア1万円くらいの病院もあり、地方の病院の方が高い傾向があります。

逆に都心部には1ヶ月分3,000円台の低価格で処方してくれるような病院も存在しますが、こういった病院は薬を処方するだけで、他の治療や効果が出なかった場合の対応はできないところが多いようです。

安ければ安いほど良いと考える人もいるとは思いますが、最初の病院は様々な薄毛に対応できるAGA治療専門病院がオススメです。薄毛治療は髪を生やすことが目的です。薄毛が改善できなければ意味がないので、症例数も治療内容も豊富な専門病院の方が安心というわけです。

専門的な治療が行えて、かつフィナステリド(プロペシア)が安いのはAGAスキンクリニックとAGAルネッサンスクリニック(湘南美容外科クリニック)です。どちらの病院もAGA治療実績多数で、しかも全国展開しているので最寄の病院を見つけやすいでしょう。

追記:2017年3月1日:
AGAルネッサンスクリニック・湘南美容外科クリニックがオリジナルフィナステリド錠の価格を変更。初回1,800円、2回目以降3,000円と圧倒的な安さで日本最安値となりました。

AGA病院で処方されるフィナステリド

フィナステリドジェネリック
画像:AGAルネッサンスクリニック

国から認可されている「プロペシア」と「ファイザー社のフィナステリド」はほとんどの病院が扱っています。AGA治療、薄毛治療専門ではない、総合病院や街の皮膚科などでもこの2種類は大体扱っています。

AGA治療専門病院では、上記2種類以外に独自のフィナステリドを処方してくれる病院が存在します。病院で独自に製剤したり、独自ルートで入手したり、その背景は色々ですが、病院オリジナルのフィナステリドということで価格が安いです。

海外には数多くのプロペシアジェネリックが発売されており、フィンペシアなどもその代表です。個人輸入などで入手可能ですが、病院によっては海外ジェネリックを扱っている病院も存在します。そういった病院は公式ページに記載がない場合がほとんどなので、知りたければ実際に病院側に確認する必要があります。聞けば教えてくれるので気になる人は聞いてみましょう。

フィナステリドジェネリックのメリットは安さ!

フィナステリドに限らず、ジェネリック医薬品のメリットは価格の安さです。多くの病院で処方されていますし、効果も正規品とほとんど変わらないということもあり、実際に使っている患者さんも非常に多いです。

しかし、フィナステリドジェネリックの主な購入ルートとされる個人輸入は多くのリスクが伴うのでオススメできません。AGA専門病院によっては、海外のフィナステリドジェネリックを処方してくれる病院もありますし、海外ジェネリック並の安さで独自のフィナステリド錠を処方してくれる病院もあるので、なるべく病院で処方を受けましょう。

フィナステリドジェネリックのデメリットは???

デメリットは特にありません。ただし、個人輸入で入手した場合は、何か問題が生じた場合すべて自己責任となるので注意が必要です。病院で処方してもらう場合は、医師が責任を持って処方してくれるので安心です。

フィナステリドだけの治療は予防治療か、薄毛改善後の維持治療

基本的にフィナステリドだけ中々生えないと言われています。生える人も中には存在しますが、基本的には薄毛の進行を止める薬なので髪を生やすための薬ではありません。病院でも必ず一番最初に医師からこう説明を受けます。

抜け毛が気になるから予防のためにフィナステリドを服用する。

AGA治療で改善した頭髪の現状をキープするためにフィナステリドを服用する。

上記2つのパターンが主な使用方法と言えます。

進行している薄毛の人がフィナステリドだけを服用して治療しても、思ったように効果を出すのは難しいんです。効果が出る可能性もありますけど時間がかかります。

結局はオフェンスとディフェンス両方を行う総合的な薄毛治療をした方が早く効果が出ます

フィナステリドだけを服用している人は、そのほとんどが予防したい人か改善後の維持の段階の人です。まずは総合的な治療を行い、薄毛改善後の維持治療の段階になったらフィナステリドだけを服用し月額5,000円~7,000円程度で済むようになるわけです。AGA治療に明確な完治は存在しません。この維持段階を目指す治療だということを覚えておきましょう。

ページの先頭へ