クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

AGA治療薬フィナステリド使用は副作用に注意

プロペシア画像
画像:プロペシア
(AGAスキンクリニック)

様々な民間療法、育毛剤、サプリメント等がありますが、近年、飲むタイプの治療薬「フィナステリド」が登場しました。本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛がおきたことから発毛剤としての用途が広がりました。

AGA(男性型脱毛症)の原因と言われるジヒドロテストステロン(DHT)を生む2型5αリダクターゼの働きを防ぐ効果があり、フィナステリドの服用を続けることで薄毛・抜け毛の進行抑制や改善効果が期待出来るようになりました。

プロペシアフィンペシアエフペシアプロスカーフィンカーといった商品名で発売されており、どれも同じフィナステリドですが、製造元や製造方法、フィナステリド含有量、服用方法、入手方法が異なります。

※日本で認可されているフィナステリド含有薬はプロペシアとフィナステリドファイザーのみ

フィナステリドの使用方法

AGA(男性型脱毛症)治療の際の推奨フィナステリド量は1日1mg

プロペシアとフィンペシアは1錠あたり1mgのフィナステリド含有なので、1日1回服用すればOK。プロスカーとフィンカーは1錠あたり5mgのフィナステリド含有なので、服用の際に1錠を5分割しなければいけません。面倒だけどその分経済的。

フィナステリドの入手方法と料金

フィナステリドの入手方法は2つ。

病院で処方してもらう方法

個人輸入代行業者などを介して海外から個人輸入で購入する方法

病院で処方してもらう場合は、診察料と合わせて1ヶ月大体7,500~1万5000円程ですが、個人輸入の場合は診察料がかからないのでその分安く入手でき、1ヶ月大体6000円~9000円にプラス送料程度と言われています。

フィナステリドの副作用と問題点

  • 1型5αリダクターゼの抑制は出来ない
  • 勃起不全、性欲減退、精子の減少といった性機能低下の副作用が出る場合がある
  • 妊娠中、もしくはその可能性がある女性は使用はもちろん、錠剤に触れてもダメ。
  • 男性ホルモンに働きかけるので、効果を実感するまで時間がかかる
  • 保険適用外なので自己負担
  • 初期脱毛が起きる可能性がある!?

フィナステリド服用時の注意点

フィナステリド服用によるAGA治療は継続が一番大切です。

服用を止めると薄毛が再度進行するからです

また、フィナステリドを個人輸入で入手するのは経済的には非常にありがたいのですが、フィナステリドは副作用等の報告もされているのでなるべくなら医師の指導の下服用する方が安心です。


ページの先頭へ