クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ジェネリック医薬品を有効活用しよう

フィンペシア
フィンペシアはプロペシアのジェネリック

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」と呼ばれ、薬品メーカーが一番最初に作った医薬品「先発医薬品」の特許が切れた後、その成分を真似て作った薬のこと。

先発医薬品は開発した企業の知的財産権として特許で保護され、他の企業は製造・販売することは出来ないが、特許消失後なら他の企業も特許料を支払わずに製造・販売することが可能になる。

こうして製造された薬をジェネリック医薬品と呼び、日本ではまだあまり普及していないが、欧米では数量ベースで普及率が50%を超えている。

ジェネリック医薬品のメリットとデメリット

先発医薬品に比べて価格が安い

何といっても魅力はこれ!
新薬の開発には数百億円という莫大な費用がかかるが、ジェネリック医薬品メーカーはその費用を一切負担していないので、先発医薬品よりもかなり安価に提供することが出来る

すべての成分が先発医薬品と同じとは限らない

有効成分そのものは同じかもしれないが、それ以外の物質を違うもので代用している可能性がある。

例えば、同じ錠剤だとしても、コーティングの仕方や内部構造、その他添加物が変われば、体内で薬の溶け出す速度が変化したり、有効成分が分解されやすくなったりと、薬の作用が大きく変化し、薬の効き過ぎ、効果の有無などをもたらす危険性があるのだ。

ジェネリック医薬品には安全性試験がない

ジェネリック医薬品には製薬会社での「有効性試験」はあるが、「安全性の試験」はない。もちろん先発医薬品は「安全性の試験」をしっかり行う。

技術力の差によって効果に違いが出る可能性がある

先発医薬品メーカーが製造方法を細部まで公表することはないので、ジェネリック医薬品メーカーは公表されていない不明な部分を独自の技術で補って製造する必要がある。

投入している予算が全く違うので、その技術には雲泥の差があり、同じ成分、同じ添加物、同じ錠形、すべてが先発医薬品と同じジェネリック医薬品でも、不明部分の製造方法に大きな差が出て、効果に違いが出てしまう可能性がある。

ジェネリック医薬品を使用するかどうかは自分で意思表示しよう

現在、日本では医療費削減を図る為に、ジェネリック医薬品の普及を推進中。
患者側から医師にジェネリック医薬品の処方を要求できるようになったのだ。

様々な問題も存在するが、先発医薬品との違いはほんのわずかだという意見もある。不明な点は医師に相談しながら自分の意思で先発医薬品かジェネリック医薬品を選択するようにしよう。

医師に処方してもらう以外に個人輸入で入手する方法があるが、個人輸入でジェネリック医薬品を入手し服用した場合、副作用等何が起きても一切自己責任となるので注意が必要だ。


ページの先頭へ