クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

2017年最新版の男性型脱毛症診療ガイドライン

2017年最新版の男性型脱毛症診療ガイドライン

2010年に日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症診療ガイドラインの2017年版が発表されました。今回は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」というタイトルで、男性型脱毛症(AGA)だけでなく女性型脱毛症対応の診療ガイドラインとなっています。2010年版も女性に対する推奨度は出ていましたけどね。今回はより女性の薄毛治療について詳しく説明されています。

2010年のガイドライン発表時はフィナステリドや植毛施術が推奨され、人工毛植毛が行わないようにとされるなど、各種治療に漠然とした疑問や不安を抱いていた我々患者は、心強いお墨付きを頂いたような気持ちになりました。振り返ってみるとガイドラインで推奨されていた治療方法は実際にAGA治療の現場で今なおメイン治療として活用されています。

2010年版の男性型脱毛症診療ガイドラインはこちら

あれから約7年。推奨される薄毛治療は変わったのでしょうか?2010年と比較しながら見ていきたいと思います。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインとは?

日本皮膚科学会が作成するガイドラインとは、各種皮膚疾患の最も標準的かつ最善と思われる診療を提示するためのものです。

男性型脱毛症診療ガイドラインとは、2010年に日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症(AGA)の効果的な治療方法を選定した診療ガイドライン。2005年に日本ではじめて薄毛治療薬として「プロペシア」が認可され、病院で薄毛治療が行われるようになりましたが、当時はまだ科学的に根拠のない民間療法が社会的に横行しており、無意味な治療を漫然と続ける人が非常に多い状況でした。2010年に発表されたガイドラインにより、はじめて薄毛治療の標準的治療法が提示され、男性型脱毛症の診療水準が向上しました。

その後新しい治療薬や治療手段が登場したことや、女性の脱毛症増加といった状況があり、今回7年ぶりにガイドラインが改訂されました。

つまりこのガイドラインをみれば、医学的根拠に基づいた今現在最も効果的とされる薄毛治療方法がわかるというわけです。

診療ガイドラインは誰が作ってるの?

日本皮膚科学会と毛髪科学研究会の共同事業で、毛髪疾患の診療に詳しい医師が中心となって作成されています。NHKラジオ「抜け毛を科学する」で薄毛に対する真実を話し、ネット上で話題となった大阪大学の板見先生や、「なぜグリーン車にはハゲが多いのか」などの著書でお馴染みの東京メモリアルクリニック平山の佐藤先生なんかも名を連ねていらっしゃいますね。

診療ガイドライン推奨度の根拠は?

医学会で発表された論文や、臨床試験や研究などの科学的エビデンスがあるものを参考に作成。保険診療では認められていない治療法や治療薬であっても、医学的根拠がある場合は取り上げています。

基本的には科学的根拠、エビデンスがあるものを中心に選定していますが、薄毛治療の分野は国際的にもエビデンスが不足している状況なので、専門委員会や専門家個人の意見もふまえた上で推奨度を決定しているようですね。

推奨度推奨度の分類
A行うよう強く勧める
B行うよう勧める
C1行ってもよい
C2行わないほうがよい
D行うべきではない

2010年版と2017年版の主な違い

  • デュタステリドの追加
  • LED および低出力レーザー照射の追加
  • かつらの追加
  • 成長因子導入および細胞移植療法の追加
  • ミノキシジル内服の追加
  • ビマトプロストおよびラタノプロスト外用の追加
  • セファランチンの削除

男性型(女性型)脱毛症診療ガイドライン(2017年版)

治療方法性別推奨度推奨度の分類
フィナステリド内服男性A行うよう強く勧める
女性D行うべきではない
デュタステリド内服男性A行うよう強く勧める
女性D行うべきではない
ミノキシジル外用男性A行うよう強く勧める
女性
植毛自毛男性:B行うよう勧める
女性:C1行ってもよい
人工毛D行うべきではない
LED及び低出力レーザー照射男性B行うよう勧める
女性
アデノシン外用男性B行うよう勧める
女性C1行ってもよい
塩化カルプロニウム外用男性C1行ってもよい
女性
t-フラバノン外用男性C1行ってもよい
女性
サイトプリン・ペンタデカン外用男性C1行ってもよい
女性
ケトコナゾール外用男性C1行ってもよい
女性
かつらの着用男性C1行ってもよい
女性
ビマトプロスト及びラタノプロスト外用男性C2行わないほうがよい
女性
成長因子導入及び細胞移植療法男性C2行わないほうがよい
女性
ミノキシジル内服男性D行うべきではない
女性

フィナステリドの内服は有用か?

プロペシア画像
画像:AGAスキンクリニック
  • 男性A:行うよう強く勧める
  • 女性D:行うべきではない

2010年版同様、男性A、女性Dで変わりありません。日本人男性に1mg/日投与を2年~3年継続して試験では68%~78%の症例で改善効果がみられ、5年間の継続で99.4%の症例で効果が出ました。重要な副作用としては、まれに肝機能障害が出ることがあります。

デュタステリドの内服は有用か?

ザガーロ
画像:AGAスキンクリニック
  • 男性A:行うよう強く勧める
  • 女性D:行うべきではない

2010年当時はアボルブを処方する病院はありましたけど、2016年に日本承認薬としてザガーロが登場しました。フィナステリドよりもより強力に男性ホルモンの働きを抑制します。フィナステリド同様の改善効果が見られましたが、性機能障害などの副作用が出る場合があるので、十分な説明を受けて処方してもらいましょう。

ミノキシジル外用は有用か?

リアップX5
画像:ケンコーコム
  • 男性A:行うよう強く勧める
  • 女性A:行うよう強く勧める

リアップに代表されるミノキシジル外用。2010年版同様のA。男性にも女性にも効果的で、試験でも改善効果がみとめられています。男性型脱毛症には5%ミノキシジル。女性型脱毛症には1%ミノキシジルが推奨されています。

植毛術は有用か?

アルタス植毛
画像:植毛ロボット「アルタス」

自毛植毛術

  • 男性B:行うよう勧める
  • 女性C1:行ってもよい

人工毛植毛術

  • 男性D:行うべきではない
  • 女性D:行うべきではない

植毛も2010年と同じです。自毛植毛はアリだけど、人工毛植毛はダメですよって内容。

2015年度、世界全愛で397,048件(男性84.7%、女性15.3%)の自毛植毛が実施され、82.5%という高い生着率が得られることがわかっています。まずは薬などほかの治療を行い、それでも効果がなかった場合は自毛植毛が推奨とされています。

フィナステリド及びデュタステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して,他に手段がない状況において,十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り.男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧め,女性型脱毛症には行ってもよいこととする.

人工毛植毛は有害事象が多く、米国FDAも人工毛の使用を禁止するほどです。医療法上は問題ありませんが、有害事象が多すぎなので、原則として人工毛植毛は行うべきではありません。

LED および低出力レーザー照射は有用か?

ヘアマックス
ヘアマックス
  • 男性B:行うよう勧める
  • 女性B:行うよう勧める

2017年版で初登場のLEDレーザー、低出力レーザー照射治療。有用性を示す十分な根拠があり、副作用も肌荒れ蕁麻疹など比較的軽微なものなので、適切な機材を使用して行うことを勧めています。米国のFDAでも承認されている育毛医療器レーザー「ヘアマックス」はAGA治療で多くの実績を持つ湘南美容クリニックでも取り扱っています。

アデノシンの外用は有用か?

アデノゲン
薬用アデノゲンEX:AMAZON
  • 男性B:行うよう勧める
  • 女性C1:行ってもよい

資生堂アデノゲンなどに配合されているアデノシン。2010年版ではC1でしたが、2017年版では男性のみBに昇格。男性の0.75%アデノシン配合のローションを使った試験では、5%ミノキシジル外用と同等の有用性がみとめられました。女性に対する有効性を示す根拠は試験ではいまだ不足しているということでC1になったようですね。

カルプロニウム塩化物の外用は有用か?

カロヤンプレグレEX
カロヤンプレグレEX:AMAZON
  • 男性C1:行ってもよい
  • 女性C1:行ってもよい

カロヤンなどの育毛剤に配合されているカルプロニウム塩化物。1%と2%のものは一般医薬品としてドラッグストアなどで購入可能。それ以上の濃度のものは皮膚科などで処方してもらえます。こちらは2010年版同様C1。5%のカルプロニウム塩化物を用いた男性の試験ではやや有効との結果が出ていますが、現段階では十分に実証されていないのでこの評価。

t-フラバノンの外用は有用か?

バイタルチャージ
サクセスバイタルチャージ:AMAZON
  • 男性C1:行ってもよい
  • 女性C1:行ってもよい

育毛トニック「サクセス」などに配合されている育毛有効成分t-フラバノン。こちらも2010年版同様C1。男性に関しては弱いけど有効性を示す根拠が一応存在するので行ってもよい。女性に関しては有効性を示す根拠はまだ不足しているが、副作用等が軽微なのでこちらも行ってもよい。

サイトプリンおよびペンタデカンの外用は有用か?

毛髪力イノベート
毛髪力イノベート:AMAZON
  • 男性C1:行ってもよい
  • 女性C1:行ってもよい

育毛剤イノベートなどに配合されるサイトプリンおよびペンタデカンは2010年版同様C1。こちらも弱いけど有効性を示す根拠が一応存在するので行ってもよい。

ケトコナゾールの外用は有用か?

ケトコナゾール
銀クリのケトコナゾール
  • 男性C1:行ってもよい
  • 女性C1:行ってもよい

ケトコナゾールシャンプーでお馴染みのケトコナゾール。銀クリやAGAスキンクリニックなどのAGA専門病院でも扱っています。ローションやシャンプーを使った試験を行ったところ、微妙に有効性を示す根拠が出たので行ってもよい。

かつらの着用は有用か?

ヘアパーフェクト
アデランス無料増毛実施中
  • 男性C1:行ってもよい
  • 女性C1:行ってもよい

2017年版初登場。まさかのかつら。かつらや増毛は薄毛の根本的な治療ではないものの、通常治療で改善しない場合や、クオリティオブライフ(QOL)が低下している場合には、QOLの向上する効果があるので行ってもよいとされます。

ビマトプロストおよびラタノプロスト外用は有用か?

  • 男性C2:行わないほうがよい
  • 女性C2:行わないほうがよい

こちらも2017年初登場。本来緑内障における眼圧降下目的で使用されてきたビマトプロストと、類似のラタノプロスト。まつ毛発毛効果があることから、まつ毛貧毛薬としても開発され、日本ではビマトプロストが市販されています。ヒト頭皮由来毛包の器官培養系に発毛促進効果を示したことから、まつ毛以外にも発毛促進効果を示す可能性は否定できませんが、臨床試験は実施されていません。ラタノプロストは毛包を作用対象とした外用剤としては承認されておらず、広範囲に外用する場合の安全性も確認されておりません。有用性・安全性、共に現時点では十分に実証されていないので行わないほうがよい。

成長因子導入および細胞移植療法は有用か?

Deeper 3D
成長因子配合育毛剤Deeper 3D
  • 男性C2:行わないほうがよい
  • 女性C2:行わないほうがよい

こちらも2017年版初登場ですが、AGA治療ではお馴染みの成長因子を注入する育毛メソセラピー治療です。ほとんどのAGA専門病院で行われている治療ながら、意外や意外、推奨度はC2の行わないほうがよい。

なぜ?実際に治療して薄毛改善効果を得ている人も多くいますし、何よりAGA専門病院で専門医が自信をもって行っている治療がなぜダメなのか?以下引用です。

これらの臨床試験の多くは,限られた施設における,倫理委員会の承認を必要とする先進医療の段階にあり,安全性なども含め,その有効性は決して十分に検証されているとはいえない.以上から成長因子導入・細胞移植療法は今後が期待される治療法ではあるものの,「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」などの法規に則って施術する必要のあるものも多く,現時点では広く一般に実施できるとは言い難いため,行わない方がよいことにする.

期待値は高いものの、これらの治療がまだ先進医療の段階で、安全性や有効性が十分に検証されていないからという判断のようです。

ミノキシジルの内服は有用か?

ミノキシジル内服薬
ゴリラクリニックのミノキシジル内服薬
  • 男性D:行うべきではない
  • 女性D:行うべきではない

今回の男性型脱毛症診療ガイドライン一番の衝撃はこのミノキシジル内服治療でしょう。2017年版初登場にして最大の衝撃。推奨度Dで行うべきではない。

少しAGA治療のことを調べた人なら誰しも知っていることですけど、現在AGA専門病院で行われているAGA治療のメイン治療は、フィナステリドとミノキシジル内服による投薬治療です。

ミノキシジル内服は国内で認可されていないお薬なので、ホームページに掲載していない病院もありますけど、AGA専門病院ならほとんどの病院で処方してもらえます。そして、かなり高い発毛効果を得ることができます。現場レベルでは間違いない治療効果が出ているのに、なぜに行うべきではないの評価?認可されてなかったり、具体的な研究結果がないことが今回の評価につながっているのでしょうか。

ガイドラインによると、以下の点を問題視しているようです。

  • 日本で認可されていない。
  • 医師が安易に処方したり、一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので、医薬品医療機器等法の観点から問題視。

医師が安易に処方…。そして一般人が個人輸入で入手…。たしかにこの辺は大きな問題だと思いますね。

国内で認可されていない薬でも、医師の判断で処方することは可能です。患者を診察した上で処方の判断を下すわけですから、医師の責任は重大です。我々患者側はお医者さんが処方してくれた薬だからと安心して服用するわけです。でも実際は何も考えずにとりあえずこれ処方しとけばいいんでしょ的な感じで処方されていたとしたらどうです?

怖いですよね?

実体験として、個人輸入で誰でも入手できるミノキシジル内服をパッケージもそのままで説明もなしに処方する病院がありました。AGA治療を行う病院が増えるにつれ、AGAの知識があまりないような医師がいる病院がチラホラ出てきたのも事実です。自分自身もよくわかっていないのに、安易にとりあえずで処方するような医師が問題だということでしょうね。

もちろんしっかり濃度調整を行いながら、身体に負担をかけず最大限に効果を発揮できるよう処方してくれるような病院も存在します。実際に多くの人がミノキシジル内服で薄毛を改善していますしね。

医師、病院の選択は非常に重要というわけです。

ミノキシジル内服に限らず、フィナステリドも個人輸入で入手して使用している人が多いですが、医薬品の個人輸入は非常に危険です。副作用のある医薬品を医師の指導なしで服用するのは本当に危ないですよ。何があってもすべて自己責任ですし。

たしかに個人輸入の方が安かったり、近所にAGA専門病院がない人にとっては個人輸入は便利かもしれませんけど、最近では低価格のクリニックも増えてきましたし、オンラインによる遠隔診療を行っている病院も増えてきましたからね。リスクを考えたら絶対に病院で処方してもらうようにしてください。信頼できるお医者のいる病院ね。

ガイドラインからわかるAGA治療の選び方

2017年版の男性型脱毛症診療ガイドラインを見ても、薄毛治療の選び方は2010年版と同様の考え方でオッケーということがわかります。

基本的には上の図の通り。

  • 育毛剤系は使ってもいいし、どちらでもいい。
  • 基本はフィナステリドと5%ミノキシジル外用治療。人によってはLEDや低出力レーザー照射治療やデュタステリド処方などもアリ。
  • 最終的には植毛施術か、もっと重度な場合、人生をより豊かにするという意味ではかつらもアリ。

多くのAGA専門病院で行われている成長因子注入治療や、ミノキシジル内服治療は推奨しないという結果でしたけど、要はエビデンスが少ないから効果的とはっきり言えないというだけ。しかも、ミノキシジル内服の場合は個人輸入で入手する人が多いなどのマイナス要素も多いからなおさら推奨しにくいですよね。

でも実際は患者数国内NO.1の銀クリでも処方されているし、AGA治療のパイオニア「ヘアメディカル系列クリニック」でも処方されています。きちんとした病院できちんとした医師の指導の下服用すればリスクは軽減でき、高い治療効果を得られることがわかっています。

このガイドラインは研究論文や臨床試験によるエビデンスを基準に推奨度を決めているので、論文がなかったり臨床試験の情報がない治療は低い評価となります。学会のしっかりしたエビデンスがないから推奨度は低いけど、現場レベルでは非常に高い効果が出ている治療があることは否定できません。

薄毛治療は自分に合う合わないが非常に重要です。ガイドラインで推奨する治療が必ずしもあなたの治療に効果的かどうかはわかりません。自分にマッチした治療を見つけるにはどうすればいいか?それは、あなたを薄毛改善へと導いてくれる病院や医師を見つけることです。

優れた病院、優れた医師を見つけることが薄毛治療を成功させるカギとなります。

みなさん、最初の病院選びが超重要ですよ!

参考: https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

ページの先頭へ