クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

植毛の効果とメリット・デメリット

植毛とは、文字通り毛を植える方法です。自毛植毛人工毛植毛があります。

自毛植毛は後頭部や側頭部に残る自毛を採取して毛髪のない部分や薄くなった部分に移植することで頭髪の量を増やす方法で、男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されている治療方法です。

人工毛植毛は人工の毛を頭皮に植毛することで頭髪の量を増やす方法ですが、様々な問題があり現在は推奨されておらず、実施している病院はほとんどありません。

自毛植毛と人工毛植毛の違い

自毛植毛
  • 自分の毛なので拒絶反応が出ない
  • 移植した髪はいったん抜け落ちて3ヵ月程で再度生えてくる。完全に生えそろうには半年程度かかる。
  • 移植した髪がちゃんと伸びて、周囲の毛と同じように白髪になったりする。
人工毛植毛
  • 異物を頭に植えつけるので拒絶反応が出て、頭皮が化膿したり炎症を起こす場合がある。
  • 自毛植毛のように1度抜けたりしないので、1日で生えそろった髪が出来る。
  • 持続性がなく、痛みやすかったり切れやすかったりする。
  • 伸びないから、徐々に不自然になる。
  • 抜けたところから再度生えてはこないから再手術が必要になる。
  • 米国ではトラブルが多発した為、一部の州の法律で禁止されている。

植毛が向いている人は?

どんな薄毛の人にも効果的ですが、特に「男性型脱毛症(AGA)」や火傷や怪我で脱毛した人に有効。


発毛や育毛による改善の時間が待てない人や、投薬によるAGA治療では克服が難しい程進行したAGAの症状にも植毛は効果的と言われています。


毛がまったくない箇所に毛を生やす治療は植毛しかありません。

ロボット植毛「アルタス」での植毛症例数NO.1クリニックでもあるAGAルネッサンスクリニック大阪院の斎藤院長のQ&Aで、植毛が効果的な薄毛の写真と共に詳しく紹介しているのでそちらをご参照ください。

植毛に限らずAGAは薄毛の進行度によって効果的な治療方法が異なるので、自分に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

植毛の方法

  • クリニックで施術。
  • 手術で皮膚に植毛株を移植する、皮膚の移植手術。
  • 数十本単位から、1本1本の毛穴単位で移植出来る。
  • 手術後経過観察や抜糸の為に通院する可能性あり。
  • 手術は麻酔で行い、手術後は痛み止めを飲むことも。
  • 植毛ロボット「アルタス」による傷跡の残らない植毛

植毛のメリットとデメリット

メリット
  • 自毛植毛は1度植毛すればメンテナンスいらず。
  • 技術が高いクリニックで施術すれば、自然な髪の毛の生え方。
  • 他の人が見破れないほどの自然さ。
  • 自然な髪型を作ることが出来る。
  • 即効性と手軽さ。
  • 自毛植毛の場合は移植した毛根から生涯髪の毛が生え続ける。
  • ランニングコストがかからないのでトータル的にはその他の方法よりも安かったりする。
デメリット
  • メスを使う外科手術。
  • 手術後に痛みや吐き気、麻酔によるむくみなどが発生することがある。
  • 1回じゃ密度が薄いので2,3回の植毛は必要。
  • 自毛植毛の場合、1度全部抜けて再度生えるので、生え揃うまでに6~9ヶ月かかる。
  • 最初の洗髪までかなりかゆい。
  • 傷跡が残る場合がある。
  • 傷跡や毛根の着床率は施術者の技術力にゆだねられる。

「植毛」記事一覧|1ページ目

1 / 3123

ページの先頭へ