クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

メンズヘルスクリニック東京小林一広院長に聞くAGA病院の選び方

小林一広院長
小林一広 院長

AGA治療のパイオニア「ヘアメディカル系列クリニックメンズヘルスクリニック東京小林一広院長にみんなが知りたいであろうAGA治療の疑問点や病院の選び方などを伺ってきました。

メンズヘルスクリニック東京は国内最大数の治療実績を誇るAGA治療のパイオニア的クリニック。

もともとは城西クリニックという名前で西新宿にありましたが、2014年にメンズヘルスクリニック東京と名称を変更し、AGA治療だけでなく男性不妊や男性更年期障害といった男性ホルモン・テストステロンの影響によって起こる男性特有の問題を解消し、男性の健康を身体とメンタルの両面からサポートする男性のためのエイジングケアクリニックに生まれ変わりました。

院長の小林一広先生は、テレビなどのメディア出演の他、AGAについての書籍も出版なさっているAGA治療の第一人者。

精神科医としての立場から約16年間、延べ3万人を超える薄毛の患者さんを診てきた小林先生にAGA治療との向き合い方、病院の選び方など、薄毛に悩む人が知りたい情報を色々聞いてきました。

薄毛に悩むすべての人必見です!


メンズヘルスクリニック東京について教えてください。

メンズヘルスクリニック東京は、加齢によるトラブル全般を解決することができる男性専科の抗加齢医学により、AGAの悩みをはじめとした男性の健康をトータルにサポートして男性力を向上させるクリニックです。

病院側の体制として、男性の更年期や男性の不妊、泌尿器系のお悩みといった男性の悩み全般に対応できる形になったので、AGAはもちろんAGAから派生する悩み全般を解消するお手伝いができるようになりました。

実際にAGA治療で通院なさっている患者さんの中には、髪は増えて満足したけど加齢と共に出てくるシミや男性力の衰えといった変化を何とかしたいと相談してくる方もいらっしゃいます。そういった人のニーズにも対応可能になったというわけです。

また、髪の心配でいらしたけど根本的な問題はメンタルの部分ではないか?という患者さんもいらっしゃいます。精神科医の立場からその辺もしっかりケアする治療を心がけております。

治療内容は内服薬や外用薬などのセット処方ですよね?薄毛の状況や効果の出方によってセット内容を変更したりできますか?

患者さんの頭髪状況によって薬の処方内容は変わります。

基本的には内服薬と外用薬、サプリメントなどを組み合わせますが、初期脱毛や副作用の懸念を考えて容量や濃度を調節しながら最も治療効果を発揮するであろう組み合わせで処方する形となります。

思ったように効果が出なかった場合に容量や濃度をアップするということはありますが、効果が出続けるまで際限なく増量していくということはありません。容量や濃度が増えることによって副作用など健康面での危険性も増えることになるからです。その辺をしっかり見極めながら安全かつ最大限に効果が出る処方内容を組み合わせていきます。

こういった部分が、個人輸入などで薬を入手して個人で治療する場合やフィナステリドだけを処方する一般病院にはできないAGA専門病院ならではの対応だと思っております。

主治医制での治療は可能ですか?毎回同じ先生に診てもらいたいという人もいると思うのですが…

基本的には主治医制ではありません。
AGA治療はここまでいったら改善したという明確な定義がない治療なので、治療効果の判断にはすべて主観が入ります。

客観的に見る為のデータとして毎回診察前に写真撮影を行いますが、それでも同じ医師の診察だけを受けるとどうしてもその医師の主観が強くなってしまいます。

主治医制にしないのはなるべく多くの医師の診察を受けてもらう方がより自分を客観視できる状態を作り出せると考えるからです。

もう一つの理由として、希望医師での予約となると希望日に予約が取れなかったり待ち時間が長くなるといった物理的な弊害も出てくるからです。なるべくなら希望日時に予約が取れて、スムーズに診察を受けられる方が患者さんとってもメリットが大きいと思っています。

ただ、メンタルな部分の相談だったり、そういった部分で同じ先生を希望なさる方がいらっしゃる場合はフレキシブルに対応しています。

AGA治療における薬の副作用って大丈夫ですか?副作用を懸念して治療を躊躇している人も多いようですけど…

フィナステリドは1998年に発売された歴史の浅い薬です。20年30年と飲んだ人はまだいない状態なので今後のことは明言できませんが、世界中でこれだけ多くの人が服用している中で問題になるほどの副作用が起きているとすれば製薬メーカーも黙っていないでしょうし大騒ぎになるはずですから今現在としてはそこまで心配する必要はないと思います。

しかしながら、実際に臨床試験でも数パーセントながら副作用の懸念があるとの報告があることは事実ですから、

患者さんの状態を見ながらフィナステリドに関しては量を調整するなどして細かく処方したりといった対応ができるよう細心の注意を払っております。こういった対応ができるという意味でもAGA専門病院での治療をオススメしますね。

進行した薄毛は投薬治療だけでは効果がないという噂がありますけどどうなんでしょう?

る程度進行した薄毛の人でも投薬治療で効果が出る可能性は十分にあると考えています。

他の病気でも何でもそうですけど初期段階の方が効果が出やすいということはありますから、なるべく早く治療を受けるにこしたことはありません。

ただ、AGA治療に関しては患者さんがどんな状態であれ最初の診察で確実にここまで生えますとは言えないのです。

本来であれば最初に頭部を見た段階で、この年齢でこの感じの進行具合であれば、この薬を処方すれば何ヶ月後にはこれくらいの発毛効果が見込めますよ!と言いたいのですが、言えないのです。

なぜなら、治療を開始し継続して頂いて初めて効果のお話ができる医療だからです。

こちらの予想を超える発毛効果を出す60~70代の人もいますし、逆に20代の人でも過去の症例と比較しても思ったよりも効果が出ないという場合もありますので、本当にやってみないとわからないのです。

そういった経験を踏まえた上で、

とりあえずクリニック側からはまず半年間頑張ってみましょうとお伝えします。半年後の費用対効果を含め、自分の求める治療効果が出ていない場合は他の治療方法を模索するなどの対応が必要ですとお伝えし、より効果を出すにはどうすればいいかを一緒に考えていきます。

ただ現状のまま、もう少し頑張ってみましょうといった形で意味なく治療を継続させるようなことはしません。その人が望む形の効果が出る治療を続けることが最も大事だと思っているからです。

今までの経験や実績を踏まえ可能性のある限りは全力でお手伝いしますが、これ以上どうしようもないという状況であれば現在の治療の限界をしっかり伝えるのも医療機関の役目だと思っています。

AGA治療に完治はありますか?

常医療の治療終了は医師が宣言しますけど、AGA治療のゴールは患者さん自身が決めることになります。患者さん本人が気にならなくなった時です。

治療効果が出て客観的には十分生えたと思えるような状態でも患者さん本人が納得せず、まだ気になるようであれば治療は終わらないということです。

治療終了というのは薬を完全に止めてしまうということですが、薬の服用をやめるということはAGAが再び進行するということです。すぐに治療前の状態に戻るということではありませんが、いずれは治療開始前の状態に戻っていきさらに進行する可能性もあります。

ある程度満足できる効果が出た方でも、現状をキープする為の治療は継続すべきだと考えております。治療が維持の段階に入ると、外用薬だけを処方したり、1日1回服用の内服薬を2日に1回という形にし通院も2ヶ月に1回という形にするなど患者さんの状態に合わせて治療内容を変更することも可能です。

そうすることで通院の手間も省けますし、費用も半分になります。ある程度のところまで頑張って発毛したら、あとは、

手間かけず、金かけず、毛が残る

これが一番理想の形だと思います。

AGAの悩みを解消する一番の近道はどうすればいいのでしょうか?

みの具合というか、AGAの進行状況にもよりますけど、最終的に目指すところがAGAの回復ということであれば、寄り道せずに最初からAGA治療専門病院へ行くのがベストだと思います。

医療なんて大袈裟なとおっしゃる方もいると思いますが、色々寄り道したとしても本当にAGAを改善したいと思うなら結局辿りつくところは一緒です。

悩んでいるならまずはAGA専門病院で診察を受けて、医者に診てもらうことが第一歩です。あなたはどういう状態でどういう治療が向いていますということが言えるのはAGA専門医だけですから。

診察を受け自分にとってまだ治療は必要ないと感じる人もいますし、こちらからまだ必要ないと思いますとお伝えする場合もあります。客観的に見て薄毛ではないのにAGAに悩んでいるといった場合はメンタルの問題だったりもしますからそういった場合はメンタルケアも対応します。

こういったことは専門病院に来なければわからないことです。治療するしないは別として、悩んでいるのであればまずは病院に相談することが一番の近道だと思います。

AGA専門病院を選ぶ際のポイントを教えてください。

GA治療は保険が適用されない自由診療で継続的に費用がかかる治療です。費用面の安さを重要視する人も多いと思いますが、ご自身の大事な頭髪を委ねるわけですから、費用の安さという点だけを重視し選ぶのではなく、治療効果や安全性といった過去の症例数や実績で選ぶことが大事だと思います。

国内初のフィナステリドジェネリックも発売され、今後薬の価格が値下げ競争になることは必至です。そうなると病院の治療費という部分にも影響が出てくることになりますが、最も大事なのは治療効果や安全面においてしっかりした治療を受けることができるか?という点です。

メンズクリニック東京としましても、16年の実績と多くの患者さんの状態を診てきたという強味を活かして、少しでも安価に尚且つ最高の医療を提供することができるよう真摯に取り組んでおります。

料金や施術内容が変更されている可能性があるので、最新情報はホームページでご確認下さい。

メンズヘルスクリニック東京の無料カウンセリングはこちら

城西

ページの先頭へ