クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

HARG療法が効果的なAGAの症状は?

HARG(ハーグ)療法とは、医療機関でのみ行う事が出来る毛髪再生医療の一種。

日本国内では数年前に臨床が開始されたばかりでまだあまり知られていないが、徐々に施術可能な病院が増えてきており、新宿にはHARG療法を開発した医師が運営するHARG療法専門の病院、HARG治療センターが出来たりと、今後より注目を集めるであろう最先端医療だ。

みなさんご存知、流浪の番組タモリ倶楽部のボス、森田一義氏もどっかの番組内でHARG療法に興味津々だったらしい。芸能人も注目する21世紀の医療HARG療法だが実際にどんな事をするのだろうか?

タモリ氏も注目のHARG療法とはどんな治療方法か?

成長因子を頭皮に注入して細胞を活性化

HARG療法は休止期に入っている毛髪の細胞に成長因子を注入する事により、毛母細胞を刺激して細胞の分裂を活性化し、毛髪の成長を促す。

成長因子を定期的に注入し毛髪細胞を刺激し続ける事でヘアサイクル(毛周期)を正常に戻し、長期的に健康な頭髪を保つ事が可能となる。

AGA治療薬が効かない人や女性も施術可能

HARG療法は薄毛の種類や性別を選ばず、男性も女性も、AGAの人も円形脱毛症の人も、どんな薄毛の人でも施術可能。

投薬によるAGA治療よりもより発毛治療の要素が強い

発毛を促進する成長因子を外部から直接毛根に注入するので、より発毛させるという要素が強い。

注入する成長因子の中身

ヒトの脂肪幹細胞を培養し、そこから取り出したタンパク質に、各種ビタミン、アミノ酸成分を配合した「育毛メソヘアーカクテル」を加え、様々な処理を施した安全性の高い生物製剤(HARGカクテル)。アレルギー起因物質も含まれていないことが確認されている。

そうして出来たHARGカクテルに、更に個人の症状に合わせて毛髪再生に必要なビタミンB、血管拡張作用のあるブフロメジル、毛髪のタンパク質ケラチンを構成するアミノ酸システインを含有する「メソヘアー」、毛髪再生に必要はビタミンH、C、Eなどをブレンドして使用する場合もある。

ページの先頭へ