クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

発毛・育毛・植毛・増毛の違いを知る

発毛育毛増毛植毛

一般的に薄毛・抜け毛対策方法や治療方法と言われるこの4つの方法の違いをちゃんと言える人は以外と少ないのではないだろうか。

同じような内容を含むものもあるが、それぞれ違う対策方法だ。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、ハゲの種類によって向き不向きもある。自分の頭髪状況に合う方法を選択しなければ、せっかくの努力も無駄になる可能性もあるので、しっかり把握して自分に合った方法を選んで欲しい。


発毛とは

発毛とは頭皮を改善し新しい髪の毛を増やすこと。

生えなくなった毛穴から新しい髪の毛を「発毛」させる。

育毛とは

育毛とは現存している髪の毛を育てること。

生えている髪を太く長く成長させ、抜け落ちないよう毛根を丈夫にする。
よって生えていない場合は育毛は出来ない。

増毛とは

増毛とは1本の自毛に複数の人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませたりして、人工的に髪を増やすこと。

1本の髪の毛に5~6本の毛を括り付けるので、括り付けられた自前の髪に負担をかけることになる。

今ある髪の毛に何らかの方法によって人毛、または人工毛を取り付けるこの方法はエクステンションにもかなり近い技術ではあるが、エクステンションはファッション要素が強いので別の技術としてみなされている。

植毛とは

植毛とは頭皮の毛穴に人毛(自分の髪の毛を含む)、または人工毛を人工的に植えつけること。

化膿したり、拒否反応を示す場合あるが、現在最も確実性のある薄毛解消方法と言われており、自毛植毛は男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されている。

その他の髪を増やす方法

養毛

現存する髪の毛を現状維持させること。ニュアンス的には育毛に近い。


ページの先頭へ