クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

オナニーのしすぎが薄毛を促進させる!?

昔から射精と育毛が大きく関係していると噂されてきた。

過度な射精は育毛の妨げになるというのだ。

オナニーのしすぎは男性ホルモンの分泌が盛んになるので、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTの生成を促進させてしまうのでは?という心配がこの噂の発端である。

しかしこの心配に関しては、

ホルモン分泌量はあくまでも生理的な調節にもとづいて厳密に調節されているのでオナニーをしようがしまいが関係ない

と言われている。

だが、オナニーが育毛に悪いと言われる理由はもう一つあった。

そしてこのもう一つの理由は、たしかに薄毛を促進させる可能性があると言われているのだ。

答えはたんぱく質から精子を生成するのに欠かせないミネラルの、亜鉛にある。

別名“セックスミネラル”とも呼ばれ、多くのAV男優が一番気にかけて摂取しているミネラルである。

と同時に、、亜鉛は、髪を生成するのに欠かせないミネラルでもあるのだ。

成人男性1日につき15mg必要といわれているが、射精1回で約1~7mgの
亜鉛を消費するらしい。すると単純に考えて、1日2回以上の射精をすると、髪の生成にまわせる亜鉛はかなり減ってしまう。

上記のような理由から、オナニーのし過ぎは育毛に逆効果で薄毛を促進させると言われているようだ。

育毛生活を送りながら、好きなだけ射精しまくる為には、食事やサプリメントなどで毛髪の生成に重要なミネラル「亜鉛」を摂取する必要があるようだ。

亜鉛が含まれる食材は牡蠣やナッツ類、ウナギ、レバーなど。

亜鉛は過剰に摂取しすぎると逆に免疫力を低下させ、風邪などを引きやすくなるとのことなので注意してもらいたい。

>>抜け毛に良い生活はこちら

ページの先頭へ