クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ミノキシジルの副作用と耐性、初期脱毛

元々低血圧の薬であるミノキシジルには様々な副作用があると言われているが、医師が処方してくれる場合は、事前にしっかり検査した上で大丈夫な濃度のミノキシジルを処方するので副作用は出にくいと言われている。

個人輸入などで高濃度のミノキシジルを使用している人は以下のような副作用が起きる危険性が高い。

中でも服用タイプのロニテンやミノキシジルタブレットを服用している人は要注意

今現在重篤な副作用が出ていない人も長期間利用する際には定期的に病院で診察を受けた方がよい。

ミノキシジル副作用の具体的な症状

  • 頭皮の痒み
  • プロピレングリコールに対するアレルギー反応
  • 心臓に負担(動悸息切れ)
  • 全身の多毛症
  • 肝機能障害
  • 過敏症
  • リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少
  • 乳房圧痛、乳房肥大
  • ニキビの発生、頭痛、意識朦朧、重い低血圧、皮膚の紅潮、霞み目
  • 手、足、顔のしびれや痛みやむくみ、急速な体重増加

ミノキシジルの初期脱毛は良い傾向!?

ミノキシジルやフィナステリドでのAGA治療を長期間続けると、耐性が出来てある一定のところから効果がなくなったり、薄れてきたりするという話を聞いたことがあるが、実際は耐性があるという報告はないらしい。

ただ、医師の処方を受けず、高濃度のミノキシジルを使用している場合は、最初の効果よりも効果が薄れてくるということが起きる可能性がある

ミノキシジルを使用する際の注意点

どの治療方法でも共通して言えることは、根気よく治療を続けること。AGAは治療の効果がみられるようになるまで一定の期間がかかる。ミノキシジルを使用してのAGA治療も継続して治療し続けることが治療成功のカギとなる。

また、高濃度のミノキシジルを個人輸入で入手して使用するのは、副作用の危険性もあるので、なるべくなら医師の診察を受けるようにした方が安心だ。

ミノキシジルを個人輸入で入手し使用した場合は全て自己責任となる。


ページの先頭へ