毛周期(ヘアサイクル)を正常にすることが薄毛治療

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

毛髪の一生、毛周期(ヘアサイクル)とはどのようなものか?

毛髪の一生は「成長期」、「退行期」、「休止期」という一定のサイクルを繰り返す。 発毛してから抜け落ちるまでのこのサイクルを「毛周期(ヘアサイクル)」と呼ぶ。 この「毛周期(ヘアサイクル)」が何らかの理由によって正常に繰り返されなくなり、毛母細胞が休止したままの状態になってしまうと薄毛になる。薄毛解消の為にはこの「ヘアサイクル」を正常な状態にすることが必要だ。

ヘアサイクルの内容

成長期(2年~6年)
古い毛髪は抜け落ち新しい毛髪が生まれる時期。 毛母細胞が活発に分裂を繰り返す。通常、毛髪全体の90%程が成長期と言われている。
退行期(2~3週間)
毛髪の成長が弱まる時期。 休止期への移行過程なので全体の1%程と言われている。
休止期(3ヶ月)
毛髪の成長が完全に休止する時期。 毛髪全体の10%程度と言われている。

毎日の抜け毛に怯える心配はない!?

毛髪の量は約10万本程度と言われている。その内常時1割、約1万本は休止期に当たる計算となるので、毎日の抜け毛はそれほど心配する必要はない。 休止期は誰にでも必ずやってくるもの。休止期の後に再び成長期がやってくるかどうかが薄毛になるかどうかの分かれ道だ。 毛母細胞の寿命が尽きていたら再び成長期が巡ってくることはない。 毛母細胞の寿命を延ばし成長期を迎える為には、毛母細胞の分裂回数(寿命)がまだまだ残っているうちから育毛に取組み、ヘアサイクルを乱す原因と言われているものを取り除くといったAGA治療等の努力が必要となってくる。


ページの先頭へ