クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ついに育毛命令を出す細胞が判明!!

イェール大学の研究チームが脂肪細胞が発毛・育毛する為の信号を出していることを突き止めたという記事がセル誌に掲載されたようだ。

どういう事?

実は、今までは発毛信号はどこから送られているか分かっていなかったらしい。

脱毛の一原因は発毛信号が送られてこなくなる事。薄毛になっても毛髪の元となる幹細胞は残っているが、発毛信号が送られてこなくなるので生えなくなるというわけだ。

つまり、 発毛信号があれば生える!

今回のイェール大の研究で、発毛信号は皮膚下の脂肪細胞から送られてくる事が判明したらしい。

脱毛が進むと頭皮の脂肪層が縮小するらしく、毛髪が再生する時はこの脂肪層がまた増えるそうだ。マウスを使った実験で、この脂肪層の増加に関わっている脂肪前駆体細胞という幹細胞の一種が毛髪の再生自体に大きな役割を担っていることが明らかになったらしい。

今後、脂肪前駆体細胞から発せられる信号を分析し、人間にも同様の働きが期待できるかを解明するとの事。解明され、人間でも同様の効果があるようなら、薄毛の再生させる画期的な治療方法誕生につながるはずだ。

こういうニュースって定期的に飛び込んでくるけど…具体的な効果を発揮するまでにいたっていない。今薄毛に悩んでいる人は一刻を争う状況だ。

なるべく早く頼みますよー!

>>とりあえずAGA治療で薄毛の進行を防ごう!<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

ページの先頭へ