クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

IGF-1育毛理論って何?

名医12人

岡嶋博士も紹介されています。

IGF-1育毛理論って知っていますか?

育毛サプリ「ダブルインパクト」や育毛剤「リッチハーベストローション」、育毛シャンプー「リッチハーベスト育毛シャンプー」を開発した岡嶋博士が発見・構築した育毛理論です。

岡嶋博士が院長を務める名古屋Kクリニックは、他のAGA治療クリニックと異なり、IGF-1育毛理論にもとづいた治療を行い多くの成果をあげています。

2014年版の「医療最前線の名医12人」に岡嶋博士のIGF-1育毛理論についての詳しい記述が掲載されていたので紹介します。

IGF-1は別名インスリン様成長因子-1と呼ばれ、もともと人間の体内で生成される成長因子の一つです。IGF-1は毛髪の生成に深く関与しており、IGF-1の減少に伴い、ヘアサイクルが乱れ薄毛が進行するということがわかっています。AGAの原因は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と言われていますが、DHTがIGF-1を減少させることも判明しています。

 

IGF-1成長因子の減少が薄毛を進行させるということは、IGF-1を増やせば薄毛の進行が止まり、しかも毛髪を生成させることができる、つまり、薄毛を解消できるというわけです。

 

どうすればIGF-1は増えるのでしょうか?

岡嶋博士達の研究チームが世界で初めて発見したのが、

知覚神経を刺激すると、IGF-1が増え、健康増進や育毛効果が発現する

というIGF-1育毛理論です。

 

つまり、IGF-1育毛理論とは、

サプリメントや育毛剤で知覚神経を刺激することで体内のIGF-1を増やし、育毛を促進するということ

です。

 

知覚神経を刺激する成分を配合したのが、岡嶋博士が開発したダブルインパクト、リッチハーベストローション、リッチハーベスト育毛シャンプーです。IGF-1を増やすことで育毛効果を得るという方法なので、プロペシアなどを使用できない女性の薄毛にも効果を発揮する他、AGAだけでなく、円形脱毛症など、様々な薄毛に対応できるのも特徴です。

現在、AGA治療といえば、プロペシアとミノキシジルを使った投薬治療がスタンダードですが、岡嶋博士の名古屋Kクリニックでは、患者さんの頭髪状況に応じて、プロペシアと共にダブルインパクトやリッチハーベストローションでIGF-1育毛治療を行っています。

プロペシアで薄毛の進行を抑えて、普通のAGA治療ではミノキシジルの役目である発毛の部分をIGF-1育毛方法で担うって感じですね。もともと体内に存在する成分を増加させる方法ですから、ミノキシジルのような副作用の心配もないでしょうし、本当に効果があるのなら試してみたいですね。

サプリメントや育毛剤を使用する以外に、食事によってIGF-1を増やす方法もあります。

大豆、豆腐、玄米、鮭、海藻類、納豆、緑茶、卵黄

和食です。これら和食を摂取することでIGF-1を増やす効果があると言われています。昔から和食は薄毛改善に効果的と言われてきましたが本当にその通りなんですね。

まずは食生活の改善からはじめてみるのもいいかもしれません。

>>薄毛予防に効果的な食生活<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ