クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

AGA専門医が推奨するシャンプー方法

湘南美容外科クリニック薄毛治療

湘南美容外科クリニック薄毛治療

AGA専門クリニック「湘南メディカルクリニック大阪院(旧ルネッサンスクリニック大阪院)」で開催された「薄毛治療無料説明会」に行った人に話を聞いてきました。

都市伝説的な怪しい情報飛び交う薄毛治療に対して、正しい知識を身に着け後悔のない治療を行ってもらいたいという思いのもと開催されたこの説明会は、薄毛のこと、育毛のこと、AGAのこと、治療のこと、など毛髪に関するほぼすべてがAGA専門医によって語られたとても貴重な会です。

講師は湘南メディカルクリニック大阪院の斎藤浩一院長。

内容は。。。

毛髪の基本
本数、通常の抜け毛の量、伸びる速さ、毛髪の役目、ヘアサイクルなど。

薄毛について
薄毛の種類、原因、薄毛にまつわる噂の真偽、頭皮マッサージ、育毛ツボ、髪に良い食べ物、AGAの説明とその原因についてなど。

AGA治療について
投薬治療、育毛メソセラピー、植毛に関して。

女性も来ていたそうで、近年増えている女性の薄毛に関する情報も紹介され、終了後には希望者全員がAGA遺伝子検査を無料で受けることができ、個別相談も行ってくれたようです。

これ全部無料ですよ。スゴイですよね。。。また開催してくれることを祈りましょう。

湘南美容外科クリニック各院では、説明会がなくても常時ドクターによる無料相談・カウンセリングを実施しています。少しでも悩んでいる人は気軽に相談してみましょう。

>>湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングってどんな感じ?<<

内容も濃く満足度の高い説明会だったようですが、中でも自宅でできるヘアケアの話がとても勉強になったそうなので、詳しくご紹介します。AGA専門医が推奨するヘアケア方法。。。気になりますね。

ブラッシングが超重要

ブラッシングです。これは今までお会いした他のドクターも、その他美容師さんや育毛サロンスタッフなど、育毛に携わっている人全員がおっしゃってましたね。

髪の長い女性は普通にブラッシングすると思いますが、髪が短い男性でブラッシングをする人って少ないんじゃないでしょうか?かくいうわたしもこれを知るまでやっていませんでした。逆に抜け毛が増えそうと思っていたくらいです。

ブラッシングには。。。

毛髪の汚れを落とす

頭皮に適度な刺激を与え、血行・血流をよくする

毛を皮脂でコーティングする

といった効果があるそうです。

血行促進はとても重要ですし、コーティングで髪の痛みを防ぐことも育毛に効果的です。ブラッシングって育毛に役立つことばかりですね。シャンプー前のブラッシングで先に汚れを落とすのも効果的と言われています。

ただし、やり過ぎは逆に髪や頭皮を傷める原因となるので注意。髪と頭皮に優しい豚毛など天然素材で静電気が起きにくいブラシを使用するのがGOODだそうです。

ブラッシングの仕方は、まずは毛先からほぐすように行い、徐々に根本の方へ。ブラシに髪がからまっても決して力技でとかさないように!髪を傷めては意味ないですからね。

医師が教えるシャンプー方法

まずはシャンプーの頻度。「髪は洗わないほうがよい!」と公言する専門家もいますし、実際に無洗髪を実践してフサフサの髪を維持する作家五木寛之さんのような方もいます。本当のところはどうなの?と気になりますよね。斎藤院長が言うには、やはり専門家によって意見が異なり、明確にどれくらいの頻度で行うのがベスト!というのははっきりしないそうです。

ただ、朝シャンプーするのはNG
皮脂がなくなりすぎて、髪が紫外線のダメージを受けやすくなるようです。

皮脂をガシガシ取ることが育毛につながる!と信じられていたのは過去の話。現在はある程度皮脂は大切、皮脂の分泌が正常になるよう頭皮環境を整えましょうというのが育毛の主流ですから、洗い過ぎて皮脂がカラッカラなのも問題なんでしょうね。適度が一番かと。

わたしも基本毎日シャンプー派ですけど、人と会う必要がないオフの日なんかは洗わなかったりします。人と会うのにオイリーな髪の毛のままっていうのは気になります。育毛とか以前にニオイとか清潔感といった部分が気になって逆にストレス。ストレスは毛髪の一番の敵ですからね。ストレスがない程度の自分に合った洗髪頻度でいいと思います。ちなみに斎藤院長も毎日シャンプー派のようです。

さて、肝心のシャンプーの手順は以下の通り。

1.念入りなブラッシング

2.ぬるま湯(乾燥肌30~34度、普通肌35度前後、脂性肌36~38度)で髪と頭皮を濡らす

3.シャンプーを超泡立て、頭皮を洗う感じで。指の腹を使い優しくマッサージしながらがGOOD。

4.超よくすすぐ

基本的には当サイトでご紹介している正しいシャンプーの仕方と同じです。

重要なのはシャンプー前のブラッシングと、液剤が頭皮や髪に残らないように念入りにすすぐということです。

医師がオススメしないシャンプー

悪名高い石油系界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウム含有のものだそうです。 やっぱりって感じですね。

参考:ラウリル/ラウレス硫酸Na入りって本当にダメなの?

逆にオススメなのはノンシリコンのアミノ酸系シャンプーとのこと。現在発売されている育毛シャンプーのほとんどがノンシリコン、アミノ酸系の低刺激シャンプーなので、あとは好みと相性で選びましょう。お試しできるものもあるので当サイトの育毛シャンプーランキングを参考に自分に合ったお気に入りシャンプーを見つけてください。

>>自分に合った育毛シャンプーを選びたい人はこちら<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ヘアケアクリスマス特集

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ