クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ジェネリック医薬品の名前の決め方

ジェネリック医薬品リスト

ジェネリック医薬品リスト

日本ではじめて承認されたAGA(男性型脱毛症)治療薬プロペシア。

プロペシアが登場以降、薄毛は病院で治療するということが大分世間に浸透してきましたよね。そして、ここへきてプロペシアのジェネリック医薬品(後発医薬品)が国内で初めて承認されました。

ファイザー社製「フィナステリド錠0.2mg/1mg:ファイザー」登場!

MSDから販売されている先発医薬品名はプロペシア錠。

ファイザー社から販売される予定の後発医薬品名はフィナステリド錠1mg「ファイザー」。

有効成分名と剤型、含量と会社名(屋号等)です。自由に名前って付けられないのかな?と疑問に思ったのでちょっと調べてみました。

昔はジェネリック医薬品の販売名は自由に決めることができたそうですが、現在は厚生労働省が販売名の命名についての通達を行ったため、自由に決めることができなくなっているようです。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品と同一成分のお薬です。販売されるジェネリックがそれぞれ別々の名前で存在すると紛らわしかったり、ややこしくなったりしそうですよね。認識しづらくなることで薬の取り違いなどの医療事故が起きる危険性もあります。それらを防止する対策の一環としてジェネリック医薬品の命名方法は以下のように決められているそうです。

販売名の記載にあたっては、含有する有効成分に係る一般的名称に剤型、含量及び会社名 (屋号等)を付すこと。

出典:医療用後発医薬品の承認申請にあたっての販売名の命名に関する留意事項について

なので、今回承認されたファイザー社製のフィナステリド販売名は、

フィナステリド(含有する有効成分)、錠(剤型)、0.2mg・1mg(含量)、ファイザー(会社名)

ということになるわけですね。

ジェネリック医薬品の場合、販売名で呼ばれるというよりは、「先発医薬品のジェネリック」、今回のフィナステリドの場合で言えば、「プロペシアのジェネリック」という呼ばれ方をする場面の方が多そうですから、変に全然違う販売名を付けられるよりはしっかり成分名が特定できる名前の方がわかりやすくていいですね。

準備が出来次第販売開始ということなので、ファイザー社製のフィナステリドの登場が楽しみに待ちましょう。

>>ジェネリック医薬品を有効活用しましょう<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

ページの先頭へ