ハゲ(薄毛ではなくしっかり後退したハゲ)の人はガンになりにくい!?

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ハゲ(薄毛ではなくしっかり後退したハゲ)の人はガンになりにくい!?

オススメがん検査キット

オススメがん検査キット

日本人の死亡率NO.1は癌(がん)です。

2人に1人ががんになり、3人に1人はがんで死亡すると言われています。

がんの原因は生活習慣に起因するものが多いことから、予防できる病気という認識も高まっています。

がんにならないカラダを作ろうというわけです。

「がん予防」というキーワードが注目される中、アメリカのBBCニュースから興味深いニュースが発表されました。

ハゲは健康のために良いかも。。。

ワシントン大学大学院の研究者によると、40歳と47歳のあわせて2000人を調査した結果、30歳までにハゲなかった人と、後頭部までしっかり禿げ上がっている人の前立腺がんのリスクを比べると、しっかり後退したハゲの人の方が29~45%リスクが低いという研究結果が出ました。

薄毛レベルのハゲではなく、しっかり後退したハゲってところをわざわざ書く辺りにここが重要なポイントって気がしますよね。

ハゲはがんになるリスクが低い!

参照:http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/8569826.stm

今まで悪方面の特徴ばかりで、良方面の特徴があまりなかったハゲに一筋の光明が差した気がしますね。

現在ハゲに悩んでいるほとんどの人はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性ホルモンが原因の遺伝性脱毛です。AGAの原因はテストステロンが変化するジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンですが、このホルモンが若い内から多い場合はがんに対して保護機能を持つ可能性があるということらしいです。

ただし、4年程前には20歳から薄毛が進行した男性は前立腺がんのリスクが高くなるといった、今回とは真逆に研究結果がフランスの研究チームによって発表されています。事実、今回のニュースでも、以前は反対のことを発見した経緯があるので、ハゲと前立腺がんの関連はまだ不明と述べています。

>>20代の薄毛は前立腺がんのリスクアップ

あと、今回ニュースも過去のニュースも前立腺がん限定で他のがんについての記載はないので不明です。

ネットを見ると、ハゲはがんにならないと歓喜している方の書き込みが多く見られますが、実際はまだまだよくわからないから静観せよといった感じでしょうね。

ハゲもがんも遺伝情報プラス生活環境による影響が大きいと言われているので、生活習慣や食生活を改善して薄毛・がんを予防する生活を心がけましょう。

>>遺伝子検査でがんチェック<< 

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ