AGA治療はいつまでやるのか?辞めるタイミングは?

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

AGA治療はいつまでやるのか?辞めるタイミングは?

AGA治療1年経過写真

AGA治療開始1年

AGA治療の基本は薬による治療です。症状や進行具合によって患部に直接薬を注入するメソセラピーを行ったり、生きた毛根を薄毛箇所に移植する植毛施術を行ったりしますけど、基本的には薬によって時間をかけて脱毛の抑制と発毛を促す治療になります。

効果の出方は人によってさまざま。飲んですぐに効果が出る人もいれば、半年から1年かけてようやく効果が出始める人もいます。反応が出る人と出ない人の差は髪を生成する毛母細胞の状態や、いつからAGAが始まっているかなどによって変わってきます。

一般的には脱毛があまり進行していない方がより反応が出やすいと言われています。風邪なんかもひきはじめの方が薬が効くとか言われますし何の治療でもそうですよね。早めに反応が出れば、薬の量や種類を減らすなどの対応もでき、それに伴って治療費用の月額コストも下がります。反応が中々出ない場合は効果を出すためにより強力な治療を長期間続けなければいけなくなります。もちろんコストもかかります。

もしあなたがAGAだとしたら遅かれ早かれ向かうところは一緒。放置しておけばハゲる未来しかありません。効果的にも金銭的にも早めに治療を開始した方がいいんです。

自分がどれくらいで治療効果が出るかはAGA治療を開始した人みなさんが気になる部分だと思いますが、多くの病院では約半年間は様子を見ながら継続してくださいといいます。つまり、2.3ヶ月で効果が出なくてもやめずに続けてくださいね、というわけです。

多くの人は半年以内で何かしらの効果が出ます。わたしが今まで見てきたAGA治療患者の方々もそのほとんどが半年以内に効果を実感していらっしゃいました。早い人では治療開始後1ヶ月で周囲の人が見てもわかるほどの効果を出している人もいました。逆に半年以内に効果は出たけど希望する薄毛改善状態には程遠いという方も。この違い、反応の出方が違う理由はやはりどのタイミングで治療を開始したかです。

効果を早く実感なさっている人の多くはまだ薄毛が進行する前に治療を開始しています。逆に効果が出にくかった人はある程度薄毛が進行してしまってから治療を始めた人です。もちろん進行した薄毛の人でも効果が出る人はいますけど、一般的には早めに治療を開始した方が効果が出やすいと言われています。

上記写真の黒川君は銀クリこと銀座総合美容クリニックでAGA治療を開始して1年が経過しました。黒川君は治療開始のタイミングがよかったこともあり、開始2.3ヶ月で効果を実感し、そのまま薄毛改善というところまでAGA治療効果が出ています。その後治療開始半年後には自他共に薄毛とは認めないほどに改善し、薄毛の人から普通の人になりました。

治療開始半年で普通の人になった黒川君ですけど、そのままAGA治療は継続しています。AGAは治療しなければ再び進行してしまうからです。

AGA治療して薄毛じゃなくなったら治療はどうするの?やめていいの?

という疑問はAGA治療を考えているすべての人が一度は感じる疑問だと思いますが、やめたら脱毛は再び進行します。では、ずっと続けなければいけないのか?そうではありません。髪の価値観は年齢やその時の状況によって変わっていくからです。

AGA治療はいつまで続けるのか?辞めるタイミングは?

AGA治療を1年間継続した黒川君に話を聞いてきました。黒川君の話す言葉にはその答えが詰まっていると思います。是非チェックしてくださいね。

>>AGA治療して1年経過した人の話<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ