ネット輸入健康食品の半数以上に副作用のリスクってマジ!?

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

ネット輸入健康食品の半数以上に副作用のリスクってマジ!?

副作用に注意

副作用に注意

 

個人向けにインターネット上で販売されている輸入健康食品の半数以上に、副作用のリスクがある医薬品成分が含まれている。

ということが厚生労働省の調査で判明したそうです。

出典:http://www.yomiuri.co.jp/science/20160118-OYT1T50055.html

中には意識障害や痙攣などを引き起こす急性脳症といった重篤な副作用の恐れがある成分も確認されているそうです。症状が長引けば神経後遺症のリスクもある危険な症状ですから怖いですよね。薄毛対策で海外の育毛剤やシャンプー、サプリメントを利用している人も多いと思うので他人事じゃありませんよね。

厚労省の調査によると、

2014年1~3月に、運営者の所在が海外だったり不明だったりするウェブサイトから、カプセルやコーヒー粉末形状の計81製品を購入、国立医薬品食品衛生研究所で成分を分析したところ、半数を超える49製品に副作用の恐れがある医薬品成分が見つかった。

精力増強系製品には勃起障害(ED)治療薬成分が入っており、頭痛や発疹の副作用を起こす可能性。

ダイエット系製品には喘息治療薬成分が入っており、急性脳症や意識障害の副作用を起こす可能性。

とのこと。

医薬品ではないとうたわれて販売されていた健康食品に、実は医薬品成分が含まれていた

というのが問題というわけですね。

医薬品の購入と健康食品の購入ではハードルが全然違いますよね。ネットで海外から医薬品を購入するとなったら、副作用や偽物、粗悪品の危険性などを考慮し慎重になる人もいるでしょうが、健康食品と言われたら医薬品よりはハードルが下がって気軽に購入する人も多いでしょう。

医薬品を個人輸入で海外から購入している人もいますが、そういった人たちは医薬品であること、副作用のリスクがあること、何があってもすべて自己責任であることを理解して購入しているはずです(理解せずに購入している人がいたら直ちにやめてください)。

健康食品の場合、そういったリスクをしっかり認識して購入している人が医薬品を購入している人よりも少ないのではないでしょうか?

海外サイトから購入の場合、副作用の懸念以外に粗悪品や偽物の危険性も考えなければいけません。わたしたちにできる予防策は信頼できるサイトからの購入。これしかありません。

信頼できる店(サイト)からの購入。

これは医薬品、健康食品どちらにも言えることです。もっと言えば国内外、ネット、リアル店舗関係なしにモノを購入するとき当たり前に必要な前提条件です。

サイトは実店舗と違って相手の顔が見えないのでより注意が必要で、何かあった時の対応が難しいから国内よりも海外の方が注意が必要というわけですね。何にせよ、サイト運営者の所在不明なサイトからなんて怖くて絶対買えません。

日本向けに販売サイトを運営する場合は特定商取引法により、事業者の氏名(名称)、住所、電話番号などの情報を開示しなければいけないという決まりがあります。多くの通販サイトには特定商取引法表示ページが設けてあり、運営者情報がしっかり掲載されているはずです。これは国内サイトであっても海外サイトであっても同様です。日本向けに通販サイトを運営する場合は特定商取引法を順守する必要があるのです。

参考:http://www.no-trouble.go.jp/advice/P0404003.html

しかしながら、運営者がしっかりしていれば安心かといえばそうでもなさそうですよね。実際今回の調査サイトには運営者がはっきりしているサイトの商品も含まれているようですし。

では、自衛の手段はあるのでしょうか?

医薬品はやはりなるべく医師指導の下服用することをオススメします。個人輸入は安いかもしれないけどリスク高すぎ。それでも購入したいという人は信頼できるサイトを見つけることです。

過去に購入した人の口コミを探したり、購入しようとしている薬がどんな薬なのかをしっかりと把握して色んなリスクを理解した上で購入することが絶対条件です。

健康食品も医薬品と同じく信頼できるサイトを見つけることが大事です。そして、購入する商品の配合成分をしっかり調べるようにしましょう。

どちらにしても何か問題がおきた場合にすべて自己責任になります。海外サイトの場合は国内サイトよりも責任を追及することが難しくなるでしょうし、サイトを閉店して逃げられちゃったりしたら追うのも難しいでしょう。

とにかく何かあった時が色々大変です。

何もねーよと購入しちゃうのは勝手ですけど、何かあってからじゃ遅いのも事実。

薄毛治療に関しても、安い、濃度が高いモノを買えるといった理由でAGA治療薬を海外から個人輸入している人は多いですが、服用によって副作用などの問題が発生した場合はすべて自己責任となります。病院で処方された薬であれば、副作用が出た時点で病院側に対処してもらうことができますが、個人輸入ではそれができません。

当サイトではAGA治療薬は医師に処方してもらって服用することをオススメしています。

個人輸入での服用は自己責任となりますので、様々なリスクをしっかり把握するようにして下さいね。

>>AGA治療薬を個人輸入する際の注意点<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ