花粉症で頭皮が炎症してかゆくなった時の対処法

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

花粉症で頭皮が炎症してかゆくなった時の対処法

メソケアプラスのシャンプーとローション

シャンプーで清潔な頭皮を保つ

花粉症の季節は、アレルギーによる炎症で頭皮に湿疹が出たり、痒くなったりする人がいます。

花粉症と言えば、鼻水や目のかゆみ・充血などが主な症状だと思っていたので、頭皮に影響が出るというのは驚きです。冬場の皮膚乾燥が原因のかゆみは有名ですけどね。

アレルギーによる炎症で頭皮に赤い湿疹が出来たり、頭皮全体が赤みを帯びたりした場合のかゆみはどのように対処すればいいのでしょうか?

かゆいからといってかいてはダメ。

より炎症が酷くなったり、かさぶたが出来てフケが増えたりと頭皮環境が悪化します。アレルギー自体は直接薄毛の原因にはなりませんが、かくことで頭皮にダメージを与えてしまうことは髪の成長や育毛にとってプラスではありません。

アナタが薄毛や抜け毛で悩んでいなくても同じ。AGA(男性型脱毛症)に限らず、頭皮のダメージは抜け毛の原因になる可能性があるからです。

ちなみに、花粉症などのアレルギーとAGA(男性型脱毛症)は関係ないので安心してください。

参照:花粉症でハゲる?|アレルギーと薄毛の関係を専門家に聞いてみました。

頭皮のかゆみを感じることで、実際は薄くなっていないのに薄くなってきた気がすると頭皮状況に違和感を感じたり、かくことで抜け毛が増えてしまい、それが薄毛の心配につながって病院に相談に来る人も多いようです。

もし頭皮にかゆみが出た場合はどうすればいいか?

抗ヒスタミン剤

花粉症や蕁麻疹の薬として皮膚科などの一般病院で処方してもらえる薬です。つまり、頭皮にかゆみが出た場合も通常の花粉症や蕁麻疹と同じ薬を処方してもらうというわけです。

AGA治療を行っている人でも使用可能です。フィナステリドなどのAGA治療薬と併用してもまったく問題ありません。

頭皮のかゆみがアレルギー原因ではない場合もあります

頭皮にいるマラセチア菌などの常在菌や雑菌が繁殖することで炎症がおきてかゆくなる場合もあります。菌は皮脂や汗が大好物で、夏場や暖かくなってくる季節に増えてくると言われているので、花粉症の季節とも重なります。酷くなり悪化した場合は脂漏性皮膚炎になり、「脂漏性脱毛症」になる可能性があります。AGAとは異なりますが、こちらも薄毛の原因と言われているので注意が必要です。

育毛シャンプーなどで日頃から頭皮環境を清潔にしておくことは大事ですが、菌や雑菌が増えた場合はケトコナゾール配合のシャンプーが効果的です。ケトコナゾールは真菌(カビ)を殺菌する抗真菌剤で、水虫などの治療に用いられ、皮膚科などで塗るタイプが処方されています。

ケトコナゾール配合のシャンプーは海外では普通に買えますが、日本の場合薬局などでも一般販売はしていないので入手するには海外から個人輸入するか、売っている病院で処方してもらうしか方法がありません。

菌を抑える効果以外に、ケトコナゾールはAGA治療薬フィナステリドと同等の男性ホルモン抑制効果があるという研究論文が発表されています。AGAの人の多くは脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症を併発していることが多いとも聞きますし、両方に効果を発揮するケトコナゾールシャンプーを求める薄毛人が多いのも納得ですよね。

でも、花粉症の季節に頭皮にかゆみが出たらまずはアレルギーを疑った方がいいかもしれませんよ。

>>ケトコナゾールシャンプーのことをもっと詳しく!<<

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
  • ブログランキング
  • blogramのブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AGAクリニックランキング

AGAクリニックランキング一覧

育毛剤ランキング

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

育毛サプリランキング

最新ニュースメニュー

ページの先頭へ