クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

抜け毛予防に効果的な食事は健康にも良い食事

肉類中心の食事は抜け毛を促進
肉
肉類はテストステロンを増加させる

肉食中心の欧米型スタイルの食生活は頭皮の脂分の過剰分泌を起こしたり、血行不良を引き起こすリスクが高くなります。

脂分が増えると毛穴に脂分が詰まり、毛髪の成長を止める原因となり、頭皮の血行不良を招き毛髪の成長に悪影響を与えます。

肉食がダメというわけではなく、偏った食生活がよくないということなので、野菜等をバランスよく摂取する食生活を心がけましょう。

バランスよく野菜を摂取することで肉を食べながら抜け毛予防
野菜
肉類はテストステロンを増加させる

野菜、ビタミンを豊富に摂取することで脂肪の分解を促進出来るので、肉好きの人は特に意識して野菜を多く摂取しましょう。

カボチャやニンジン、青菜類の緑黄色野菜や果物から摂取できるビタミンA、きゅうり、せろり、大根、トマト、キャベツ、タケノコ等に含まれるビタミンEやビタミンCも血行障害を防ぐ役目があると言われており、髪や頭皮を健やかに保つための大切な栄養素。

様々な食材をバランスよく摂取し、髪や頭皮に必要な栄養を摂取することが大切です。

野菜中心の食事で抜け毛が減ったという人は非常に多いです

米を中心とした炭水化物で毛髪の栄養を摂取する
お米
脂分を抑えるのに有効な米

毛髪はたんぱく質で構成されているので、良質なたんぱく質を摂取することはとても大切。

また、米に含まれる亜鉛もAGAの原因と言われる5αリダクターゼを阻害する効果があると言われ効果的です。

魚介類や海藻サラダで毛髪を保護するアミノ酸を摂取
海藻類
アミノ酸たっぷり

魚介類は毛髪を保護するアミノ酸がたっぷり含まれているので毛髪の成長に効果的です。

また亜鉛や銅、鉄、マグネシウム等のミネラルといった毛髪生成時に必要な成分も多く含まれています。

毛髪生成の元となるビタミンB群を摂取しよう
チーズ
ビタミンB群が多く含まれるチーズ
  • 玄米胚芽
  • のり
  • わかめ
  • チーズ
  • ピーナッツ
  • レバー
  • ビール酵母
  • 牛乳
ミネラルで毛髪の生成を活性化
牡蠣
牡蠣や貝類には多くの亜鉛が含まれている

特に育毛に必須のミネラルと言えば亜鉛。亜鉛はお米にも含まれていますが、牡蠣や貝類、牛肉などの肉類に多く含まれています。

  • 貝類
  • ナッツ類
  • 魚介類
米以外でも良質なたんぱく質を摂取する
大豆
髪の成分はケラチンというたんぱく質が9割

亜鉛や鉄などのミネラルと一緒にたんぱく質を摂取することが育毛には重要です。毛髪に良いたんぱく質は豆腐や納豆に含まれる植物性たんぱく質。

  • 魚類
  • 肉類
  • 大豆製品
カルシウム不足は毛髪の形成をおろそかにするので注意
牛乳
牛乳はカルシウムの宝庫

カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなります。
それによって、毛髪の形成がおろそかになり脱毛が進む恐れがあるようです。

また、カルシウムが不足すると、骨のカルシウムを消耗して必要なカルシウムを生成するので、老化を早め、神経細胞の刺激伝達物質を失うことになり脱毛につながってしまう危険性もあるのです。

糖分を作る際にもカルシウムは必要なので日頃から余程注意していないとカルシウム不足になってしまうので注意が必要です。

  • 牛乳
  • 大豆
  • ひじき
毛髪生成必須のアミノ酸「メチオニン」
ナッツ類
ナッツ類でメチオニン吸収

メチオニンとは毛髪を形成するたんぱく質ケラチンの生成に必要なアミノ酸の一つ。

メチオニンは体内の抗酸化機能を高めてくれるので、新陳代謝が良好になり血行を促進してくれるので、育毛に大変重要です。

  • 果物
  • 肉類
  • 野菜類
  • ナッツ類
  • マメ科の植物

ダイエットは育毛の敵

ダイエットで無理に食事量を減らすのは、健康にも毛髪にも悪影響を及ぼします。
ダイエットにも抜け毛予防にも効果的なのは、栄養バランスのよい適度な食事量と適度な運動です。

抜け毛予防に効果的な食べ物は「まごはやさしい」と覚えましょう

ま…まめ類、ご…ごま類、わ…わかめ・海藻類、や…野菜類、さ…魚介類、し…しいたけ・きのこ類、い…いも類


ページの先頭へ