クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

お盆休み、夏休みこそAGA治療を開始するタイミングです

お盆のはなし
お盆のはなし

お盆とは祖先の霊を供養する行事と言われ、期間は旧暦の7月15日頃、新暦となった現在の8月15前後となっています。

お盆期間を夏季休暇と設定している企業や会社も多く、一部旧暦の7月15日前後にお盆の行事を行っている地方があったり、静岡県の一部など8月頭にお盆休暇を取る地方があったりと地域によってばらつきはありますが、基本的には8月15日前後にお盆休暇・夏季休暇を設定している地域が多いようです。

土日と組み合わせて少ない人でも3~5日、長い人では1週間以上の休みになる人もいるので海外旅行に出かけたり、ふるさとへ帰省したりする人が多くなります。毎年この時期の高速道路の渋滞は夏の風物詩でもあります。

長い休みは普段行けないところへ行ったりする旅行などにも向いていますが、普段中々できないイメチェンのチャンスでもあります。髪が薄くなってきたことを悩んでいる人が薄毛対策や薄毛治療をはじめるにもうってつけのタイミングです!

夏休みを利用して薄毛脱却を目指しましょう。

なぜお盆休み・夏休みに薄毛対策をはじめるべきなのか?

実際にお盆休みや年末年始の長期休暇時にAGA治療や増毛を開始する人は多いです。なぜ長期休暇時に治療や対策を開始するのがいいかは正月にAGA治療のところで詳しく書きましたけど、簡単に説明すると…

  • 治療後に様子を見る時間があった方が何か問題があった場合に対応できる。
  • 髪型を変えても違和感なく生活に溶け込めるからすぐに変化が出せる治療(植毛や増毛)の開始に向いている。

植毛の傷跡が酷かったり、薬の副作用が酷かったりした場合に次の日が普通に仕事だったら大変です。休みだったら家で人に会わずに過ごしたり、傷跡を隠すためのかつらやウィッグを調整できたりと、何かしらの対応が可能だから安心というわけです。

増毛やかつらで薄毛を対策する場合も、長期休み明けであれば髪型を変えたという形で自然に自毛からかつら生活へと移行できます。薄い人がいきなり多くなったらバレますけど、現在は徐々に増やしていくスタイルの増毛方法が多数あるので髪型を短髪にするなどのイメチェンから開始して徐々に増やしていけば違和感なく増毛することができます。

お盆休みや夏休みに投薬・育毛メソセラピーによるAGA治療するメリット

AGA病院での最もスタンダードな薄毛治療は、投薬による治療です。薄毛治療薬を処方してもらい、毎日継続して服用することで半年以上の長い期間で発毛を促す治療です。

この治療の場合は、見た目的にいきなり変化があるわけではないので、特別長期休暇時にはじめなければいけないということはありませんが、薬による副作用が出る可能性があり、倦怠感や眠気などを訴える人もいるので、ご自身のカラダの変化をチェックするという意味では休み中の方がいいかもしれません。

また、薬と併用して育毛メソセラピーという、薄毛患部に直接成長成分を注入する治療を行う人もいます。育毛メソセラピーは頭部に直接注射する治療なので、人によっては痛みや腫れなどを感じる人がいます。次の日まで影響が出るような痛みや症状はほとんどありませんが、ダウンタイムは人によって異なるのと、当日はお酒が飲めないなどの制限もあるので、休み中の方が安心でしょう。

薬の服用による副作用の有無をチェックする意味では休み中の方が安心。

お盆休みや夏休みに植毛するメリット

植毛は生えている毛髪を薄毛部分に移植する外科手術です。植毛方法によっては髪の毛を剃ったり、採取した際の傷跡が残ります。傷跡が消えるまでの期間(ダウンタイム)もそれなりにかかります。長期休暇中に手術を受けることで、傷跡が目立たなくなったり、剃った部分をウィッグで隠したりという対応ができるようになります。

そして何より植毛で大事なのは、移植した毛髪が薄毛部分にしっかり定着するかどうかです。手術後48時間で定着率が決まると言われているので、なるべくなら術後2日間程度は安静にしていた方が良いといわれています。

植毛は術後2日間安静にしていた方が定着率がよくなると言われています。ダウンタイムのことを考えても、最も長期休暇時に行いたい治療と言えるでしょう。

お盆休みや夏休みに増毛するメリット

増毛やかつらはいきなり髪型を変化させることができます。薄毛だった人がいきなり薄毛じゃなくなることも可能な薄毛対策です。そのため、日常生活の中でいきなり変化すると周囲の人に違和感を与えることになってしまいます。

髪が伸びるかのように、徐々に増やしていく増毛法やかつらもありますが、長期休暇明けの方が髪型を変えてイメチェンしてみましたという演出がより自然にできるでしょう。

長期休暇明けの方がより自然に髪型を変えてイメチェンしたことにできるでしょう。

お盆にAGA病院や増毛サロンは営業しているの!?

気をつけたいのは病院やサロンが休業日。かりに施術や治療を受けて問題が発生した場合、次の日病院やサロンが休みだったら相談することができません。これは長期休暇時だけでなくいつ受けるにしても心がけて欲しいこと。治療でも施術でも休診日や定休日前日に受けるのは避けるようにしましょう。通いたい病院やサロンがある場合は予約する際にしっかり営業日を確認してください。

さて、気になるお盆休み、夏休み期間中のAGA病院や増毛サロンの営業状況ですけど、

年末年始と違って、基本的にAGA病院も増毛サロンも特別な夏季休業を設けているところはありません。通常通りの営業時間で休みもいつも通りです。逆に多くの患者さんやお客さんで混み合うことが予想されるので、なるべく早めの予約をオススメします。

混み合うといっても、AGA病院・増毛サロン共に基本は完全予約制。待合室で数人と一緒になることはあるかもしれませんが、ギュウギュウ詰めの待合室で気まずい思いをするなんてことはないので安心してくださいね。

あと長期休暇前は、既存のお客さんや患者さんが増える傾向があるので、希望の日時がある場合は、なるべく早めに予約するようにしましょう。

病院に行く時間がない人はAGAオンライン診療を利用してみましょう

AGA専門病院やAGA専門外来の中には、来院しなくともAGA治療を受けることができるオンライン診療を行っている病院があります。

スマホやパソコンのテレビ電話を利用し、遠隔で医師の診察を受け、薬を郵送で送ってもらいます。

本来であれば初診は対面診療と言われていますが、初診からオンライン診療を行っている病院も存在します。

なるべくなら最初は実際に病院に行き、ドクターと直接会ってからの方が安心だと思いますけど、中々病院へ行くのが難しいという人は検討してみてください。

ページの先頭へ