パントガール(Pantogar)|女性の薄毛に効果的な内服薬

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

女性用育毛内服薬「パントガール」とは?

パントガール
パントガール1ヶ月分90錠入り

パントガールPantogar)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬(飲み薬)」として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬。

これまで薄毛治療の内服薬は、男性用の「プロペシア」や「ロニテン」などしかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮へ直接発毛成分を注入するメソセラピーなどしかなかった。

外用薬は内服薬より効果が出にくく、メソセラピーは治療費用が高額というデメリットが存在したが、パントガールの登場により、手軽で費用負担を抑えた薄毛治療が可能となった。

副作用の少ない安全性の高い薬の為、継続的・長期的に使用できる。

使用者のほとんどが1ヶ月くらいで髪にコシが出る、抜け毛が減少したなどの育毛効果を実感している。

パントガール処方の東京ビューティークリニック

パントガールの発毛効果と主な特徴

3ヶ月の使用で70%の人が感じる育毛効果

パントガールは、女性のびまん性脱毛症、細くなった髪、弾力のない髪、薄くもろくなった爪の改善効果や白髪予防の効果があると言われ、臨床試験では、3ヶ月間で70%の人の抜け毛が減少、20%の人は抜け毛がほとんどない状態にまで改善する結果が出ている。

使用方法は1日3カプセル食後に服用するだけ

1日3カプセル(朝・昼・夕食後に1回1カプセル)を少量の低温または常温の水で服用。
副作用等の心配がないので長期的な服用がオススメだが、効果を得るためには最低でも3ヶ月間の服用が推奨されている。

※微量栄養素は熱にきわめて敏感であるため、低温または常温の水での服用がいいらしい。

男性の服用も可能だけど…男性はプロペシアの方が効果的

男性の服用も可能だけど、女性のびまん性脱毛症に焦点が当てられているので、男性はプロペシアを使用した方が効果的。

パントガール使用時の注意

  • 妊娠中、授乳中の人は服用禁止。医師に相談しよう。
  • 子供に関する科学的試験は行われていないので、12歳未満の子供は使用禁止。
  • パントガールは医薬品なので医師の指導の下、用法・容量を守って正しく使用しよう。

パントガール、1カプセル中の含有成分

ビタミンB1(60mg)

糖の代謝を促進してエネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給

パントテン酸カルシウム(60mg)

脂肪の代謝や身体構成成分の合成と分解を促進し、毛髪・皮膚・神経組織を正常に保つ
副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモン(抗ストレス作用)の合成を促す

薬用酵母(100mg)

ビタミンB類、たんぱく質、消化酵素などを含み、栄養補給や胃腸薬としても使用されている

L-シスチン(20mg)

毛髪・爪・皮膚などをつくる主要成分
美白効果で有名なL-システインが2つ結合(2分子結合)したアミノ酸の一種(含硫アミノ酸)

ケラチン(20mg)

毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むたんぱく質
ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L-システイン

パラアミノ安息香酸(20mg)

皮膚と毛髪を若々しく保つ
パントテン酸、葉酸と一緒に摂ることで白くなりかかった髪の色を元に戻す作用がある
ビタミンB群の一種(PABA:Para-aminobenzoic Acid)で、葉酸の形成を助ける

パントガールの口コミ効果

パントガール使用者のほとんどが1ヶ月くらいで抜け毛の減少、髪質の変化(コシが出る)といった育毛効果を感じているようで、2.3ヶ月使用して効果がなかったら止めようと思って服用を始めた人のほとんどがそのまま継続して使用しているようだ。

パントガールを通販で入手するには?

パントガールは医薬品。

基本的には医師に処方してもらう。

料金は病院によって料金の差はあるが、大体1ヶ月分90錠入り14,000~15,000円位。

ちなみにパントガールも他の薄毛治療薬と同じく保険適用外の自由診療。

個人輸入代行で海外から通販する方法もあるが、その場合は何かあってもすべて自己責任となるので、なるべく病院で処方してもらうようにしよう。どうしても個人輸入で入手する場合は、使用前に必ず医師の診断を受けるようにしよう。

女性の薄毛専門クリニック「東京ビューティークリニック」はパントガール処方料金が初回7,000円(税別)と病院処方ではかなり安い。しかも、女性向けの薄毛治療コースも充実しているので気になる人は一度無料カウンセリングを受けてみよう。

パントガール処方の東京ビューティークリニック

ページの先頭へ