花粉症でハゲる?|アレルギーと薄毛の関係を専門家に聞いてみました。

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

抜け毛増加は「季節的な要因」プラス「アレルギー反応」!

花粉
花粉…

春先になると多くの人を悩ませる花粉症。

花粉に対して身体が拒絶反応を起こすアレルギー症状で、最近はPM2.5や黄砂の影響もあり、都心部を中心により花粉症になりやすい環境になっているそうです。

誰しもなる可能性があり、しかもどのタイミングでなるかわからないので、自分は無縁と思っている人でも油断はできません。

症状が酷い人だとくしゃみや目のかゆみで一般生活を送るのも困難なほどだとか。症状を抑える花粉症の薬は眠気やダルさが強烈で、薬で症状を抑えても今度は眠気とダルさで仕事にならん、なんて話もよく耳にします。

一度かかったら治らないとも聞くし、百害あって一利無しな感じの花粉症ですけど、薄毛にも関係しているという噂があります。

花粉症によって抜け毛が増える!

花粉症などのアレルギー体質の人の方が春先抜け毛が増えるというのです。

これが本当なら最悪ですね花粉症…。事実かどうかをAGA専門医に聞いてきました。

花粉症の季節に抜け毛が増えるのは本当だった!

抜け毛の年間推移
画像:美容経済新聞
花粉症が原因の薄毛ってあるんですか?

「花粉症というよりもアレルギーによる抜け毛ですね。

人間は哺乳類としての性質上、1年間に2回ほど抜け毛が激しくなる時期があります。これは、夏毛から冬毛、冬毛から夏毛へと生え変わる性質によるもの。

生え変わりの時期というわけです。

2回のピークは春と秋です。秋の抜け毛は有名ですよね。それに比べて春はそれほどインパクトがありません。秋の抜け毛が激しすぎるからです。

春の抜け毛は生え変わりの影響よりも、花粉症などのアレルギーによるものの方が大きいといわれています。春先に抜け毛が激しいとおっしゃる人の話を聞くと、花粉症などのアレルギーをお持ちの方が多いのも事実です。具体的に花粉症が原因とははっきり言えませんが、ゆるやかな相関関係があるのかもしれません。

つまり、ベースにあるのは季節的な要因の抜け毛。その中でも花粉症などのアレルギー体質の人は春先に抜け毛増加を実感する人が多いというわけです。

アレルギー反応は人によってどういったものがどういった作用をしているのかはっきりしないのですが、髪の毛を異物と判断して追い出してしまうなどの反応により抜け毛が増加するということが考えられます。」

それってAGAとは関係あるんですか?

「AGAの方がアレルギーによって抜け毛が増加する可能性は考えられますが、花粉症のせいでAGAになったというような因果関係はありません。

アレルギーによる一過性の脱毛ということです。円形脱毛症なども一種のアレルギー反応と言われています。

AGAであればAGA治療を行う必要がありますし、花粉症などのアレルギー症状の治療があれば、それは別途治療する必要があります。花粉症の薬とAGA治療の薬を併用しても問題ありません。 」

花粉症による脱毛とAGAはまったく関係ナシ

花粉症などのアレルギー反応によって脱毛することはあるけど、でも花粉症とAGAは関係なし。花粉症になったからといってAGAになるわけではないので安心してOK!

ページの先頭へ