クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

タバコは本当に抜け毛の原因なのだろうか?

タバコ
タバコが頭皮に与える影響は?

喫煙は頭皮に悪影響を与え、抜け毛を促進すると言われている。

煙草を吸うと、タバコの中に含まれるニコチンという成分によって血管が収縮し、それによって血液の循環が悪くなる。もちろん頭部の血行も悪くなる。

頭部の血行が悪くなるのは抜け毛の原因となる。

喫煙によって血管が収縮してしまうことは、頭部の血行を妨げ、抜け毛促進につながるのだ

タバコで男性ホルモンが増加!?

アメリカのハーバード大学公衆衛生学部の調査によると、喫煙は男性ホルモンを増加させるらしい。

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン「テストステロン」が変化した「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛根を攻撃することと言われているので、AGAの要素を持った人は、男性ホルモンが増えることで「ジヒドロテストステロン(DHT)」が増加し、抜け毛が促進される可能性がある。

結論!タバコは毛髪の敵か!?味方か!?

味方ではない。

これは間違いない。

血管を収縮させ血流を悪くする点から見ても、やはりタバコは毛髪に良い影響を与えないことは間違いない。

ただ、男性ホルモンを増加させる作用に関しては、男性ホルモンが増えたとしても、全ての人の毛根が攻撃を受けるわけではない。男性ホルモンが多くてもフサフサの人だっている。

タバコを吸おうと吸うまいとフサフサの人も薄毛の人もいるのだ。

タバコは薄毛の原因か?の答えは…

最終的には人によるということになってしまうようだ。

人によってはタバコの害を受けやすかったり、受けにくかったりする。

ただ、喫煙は健康にも害があるのでほどほどにした方がよいのは間違いない。

それ以上に無理して禁煙して甚大なストレスを抱えるのはそれこそ頭皮の健康によくない。ストレスを感じることなく禁煙できるならそれでいいけど、禁煙がどうしてもストレスを増加させることになるのなら、ストレスを感じない程度にタバコ量を減らすといった方法もアリだ。

薄毛にはストレスが最大の敵なのだ。

ページの先頭へ