クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

筋トレをするとハゲる!?

テレンスリー画像
危機管理を警告してるらしいけど…

毎週月曜23時から30分、かつては恋愛観察バラエティー「あいのり」が放送されていた枠で放送されているバラエティー番組「ほんまでっか!? TV」。

※2018年現在は月曜夜9時~

明石家さんま氏司会の下、「世の中で国民が話題にしているもの&うわさ」のホンマでっかなことを発信している番組で、内容は強烈なキャラクターを持つ頭脳・博識軍団が「ホンマでっか!?情報」を連発し、司会のさんま氏やブラックマヨネーズらパネラー陣が突っ込みを入れるといった内容。

先日の放送で恐ろしい内容が放送されていた。イギリスのSUN紙に、

定期的に筋トレするとハゲやすくなる!

との情報が掲載されたというのだ。

路上で暴行を受けた事件も記憶に新しい元傭兵の軍事評論家テレンス・リー氏の解説によると…

筋トレ1回で男性ホルモンのテストステロンが25%増加するらしい。

なぜ男性ホルモン「テストステロン」が25%増加するとハゲが促進されるのかというと、「テストステロン」が薄毛(ハゲ)の原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化すると言われているから。

番組でもブラックマヨネーズの小杉氏が、これから身体を鍛えようと思っていたのに…と絶句していたが、週3回、1回45分位の筋トレを10年以上行っているテレンス・リー氏は特に薄毛というわけではない。

筋トレするとハゲるというのは本当なのだろうか?

ハゲは筋トレが原因ではなかった

結論からいうと、筋トレしてもそれが原因でハゲることはない。理由は、増えた「テストステロン」が全て「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化するわけではないからだ。

「テストステロン」が「DHT(ジヒドロテストステロン)」変化し、「DHT(ジヒドロテストステロン)」が毛髪を脱毛させてまうのがAGA(男性型脱毛症)の症状。

しかし、「DHT(ジヒドロテストステロン)」の量が多い人すべてハゲるわけではない。ここがややこしいところなのだが、「DHT(ジヒドロテストステロン)」がの影響を受けやすい体質(受容体の感受性)を持った人が禿げるのだ。

つまり、男性ホルモンのテストステロンが増えてもハゲない。

テストステロンから「DHT(ジヒドロテストステロン)」が作られる。「DHT(ジヒドロテストステロン)」は脱毛の原因になるから多ければ多いほど薄毛のリスクは高くなる。

でも、「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響を受ける毛髪のアンドロゲンレセプター(受容体)の感受性が低ければ影響は出にくい。アンドロゲンレセプター(受容体)の感受性が高ければ高いほど「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響が大きくなるので薄毛化する可能性が高くなる。

そして、アンドロゲンレセプターの感度が高い人というのがAGAの遺伝子を持っている人、つまりAGAの人。

AGA遺伝子検査でわかるAGAのリスク|CAGとGGCっていったい何?

長くなってしまったがまとめると、

基本筋トレしてもハゲないけど、現状すでに薄毛(ハゲ)の人は、AGAである可能性が高いので、カラダを鍛えることで男性ホルモンが増え、DHT(ジヒドロテストステロン)が増え、より薄毛が促進されてしまう懸念はある。

ということになる。すでに薄毛でAGAの人は筋トレをしてもしなくてもAGAは進んでいくので、筋トレするとハゲるという解釈は当てはまらない

筋トレするとハゲるのかを医師に聞いてみた。

以下2018年5月追記

あまりにも筋トレとハゲの因果関係に関する質問が多かったので、AGA専門医に聞いてみた。

リッチヘア室長

筋トレするとハゲるのかどうかの質問が多いんですけど、実際のところどうなんでしょう?

筋トレすると男性ホルモンが増える。

男性ホルモン = AGAの原因

という流れで不安に感じている人がいるんだと思いますけど。

AGA専門医

筋トレすると男性ホルモンが増えるのは本当ですが、増えるのはテストステロンという男性ホルモンです。

テストステロンが増えても薄毛にはなりません。

AGAの原因となるのは、DHT(ジヒドロテストステロン)(以下DHT)という男性ホルモンです。

テストステロンが変化してDHTになるので、テストステロンの増加が結局はDHTの増加につながると考える人がいるかもしれませんが、テストステロンが増えただけではDHTは増えません。

テストステロンをDHTに変化させる5α還元酵素が必要となります。

この5α還元酵素は数が決まっているので、テストステロンが増えたとしても、それらすべてをDHTに変えることはできないのです。

リッチヘア室長

あとはDHTの影響を受けるレセプターの量も関係していますよね?

AGA専門医

そうですね。アンドロゲンレセプターの感受性が高いほど、DHTの影響を受けます。

そういった受け皿の量や感受性も筋トレで増えることはないので。筋トレをすることが薄毛に直結するとは言えないと思います。

特にすでにAGA治療をしていて、お薬を飲んでいる状態の人であれば、筋トレの影響で男性ホルモンが活発化し薄毛が進行するなんてことはありえないと思います。

リッチヘア室長

では、安心して筋トレに励んでいいってことですね?

AGA専門医

はい、でも気を付けて欲しいのは、過剰なワークアウトによって脱毛が生じる可能性があるということです。

主にダイエット目的のワークアウトの場合なんですけど、過剰な食事制限など、身体のタンパク質を破壊するようなダイエットを行うことで抜け毛が増加すると言われています。糖質制限などもその一つです。

これは筋トレというよりは、食生活の部分ですが、そういったダイエットによって抜け毛が増えるという状況が、筋トレによって抜け毛が増えると解釈されて広まった可能性もあります。


筋トレしてもハゲないけど、食生活は大事だよ。

昔書いた通り、筋トレ自体で薄毛が進行することはないようだ。

AGAだったらハゲるし、そうじゃなかったらハゲない。

結局はそれに尽きる。

ただ、食生活や生活習慣は薄毛に大きな影響を与えるので要注意。AGAリスクの少ない人でも、生活習慣などの後天的な要素によって薄毛化してしまったという話も聞いたことがある。逆にAGAリスクが高いという人でも生活習慣や食生活を正すことで薄毛の進行が遅くなったという人もいる。

筋トレはいいけど、過度なダイエットで食事制限したり、栄養バランスの偏った生活は慎むようにしよう。

ページの先頭へ