クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

テストステロン(Testosterone)は男性必須ホルモン

テストステロン
テストステロン

テストステロンとは、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで男性ホルモンの一種。

男性的特長を形成する大事な男性ホルモンですが、5αリダクターゼによってAGAの原因と言われているジヒドロテストステロン(DHT)へ変化すると言われています。

つまり、

AGAの原因となる男性ホルモン

というわけです。

極端な言い方をすると、テストステロンがなければAGAにはならないわけですが、だからといってテストステロンを無くすことはできません。テストステロンは男性にとってとても大事なホルモンで、減少することによって精神的にも身体的にも様々な弊害が起きるからです。

テストステロンは、どのような効果をもたらすホルモンなのでしょうか?

テストステロンの生成方法

テストステロンは、男性は睾丸から、女性も男性の20分の1程度卵巣から分泌されています。わずかながら副腎からも分泌されます。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が増加、30歳頃から減少しはじめると言われていますが、減少率は個人差が大きく、70代になっても30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性もいるそうです。

テストステロンの作用

  • 筋肉増大
  • たんぱく質同化作用の促進
  • 体毛増加作用
  • やる気促進
  • 快楽増加
  • 鈍痛効果
  • 闘争本能促進
  • 孤独願望促進
  • 男性的肉体形成作用

テストステロンが減少した際の身体への影響

  • 男性としての身体的特徴の衰え
  • 体力減退
  • 精神衰弱
  • 精力、精巣機能力の低下
  • ジヒドロテストステロン(DHT)生産量増加

テストステロンを分泌させる方法

  • 筋力トレーニング
  • 不安定な興奮(闘争や浮気)
  • 危険物、危険な行為
  • 亜鉛の摂取
  • サプリメントの摂取

テストステロンが多いと薄毛になるのか?

テストステロンは男性的な肉体や考え方を形成する為になくてはならないホルモンですが、テストステロンの量が多い男性は薄毛になりやすいという話をよく聞きます。果たして本当でしょうか?

それは間違いらしいです。

テストステロン自体には頭髪の脱毛作用がなく、テストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛作用をもたらすのです

しかし、テストステロンが多くてもジヒドロテストステロン(DHT)に変化しない人もいるし、ジヒドロテストステロン(DHT)が多くても薄毛にならない人もいるので、正確には…

テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化しやすく、ジヒドロテストステロン(DHT)の毛乳頭への攻撃を受けやすい体質の人が薄毛になりやすいというのが正しいようです

かなり複雑ですね…。

テストステロンと薄毛には亜鉛

Growth Project. BOSTON
亜鉛を摂るならサプリがオススメ

テストステロンの量を保つことは男性らしく生きるのに必要なことです。

運動やサプリメント摂取など様々な方法がある中で、テストステロンの量を増やしながら、薄毛対策にも効果的と言われているのが亜鉛の摂取。

亜鉛にはテストステロンを増加させる効果、男性ホルモンのバランスを調整して薄毛を抑制させ、栄養素を身体の隅々に行き渡らせる効果があるので、育毛効果もあるというわけです。

より育毛効果をアップさせたい場合は、亜鉛と共に「イソフラボン」、「アミノ酸」、「カプサイシン」などを一緒に摂取すると良いと言われています。

亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシなどを効率よく摂取出来るサプリ

ページの先頭へ