薄毛の原因と種類|なぜ薄毛になるのか?種類別にその原因を考える

クリニック・ヘッドスパの
情報掲載をご希望の方はこちら

薄毛の原因と種類|人はなぜハゲるのか?

宿命を乗り越える…

人はなぜ禿げるのか?

薄毛の原因を知るには、薄毛の種類を知る必要があります。
そして、解消の為には、種類によって異なる原因を一つ一つ把握し、それに応じた対策・治療をしなければいけません。

男性の薄毛の原因の大部分が遺伝と言われていますが、遺伝したら必ずハゲるというわけではないので安心してください。

薄毛になりやすい体質を遺伝するという意味です。

普通の人よりも多少薄毛になりやすいだけ。遺伝は薄毛になる一要因でしかなく、それ以外の様々な原因が重なることで薄毛になるのです。

つまり、他の原因を潰せば、薄毛になりやすい体質を遺伝していたとしても薄毛化を防ぐことが出来るかもしれないってわけです。他の原因を潰して、宿命を乗り越えましょう。

ちまたで囁かれる薄毛になりやすい人

ヘルメットや帽子をかぶっている時間が長い人はハゲやすい!?

長時間かぶりモノをすると、頭皮が蒸れて毛穴が不潔な状態になりがちなので、それが原因で薄毛になる可能性は多いにあります。でも、普通の人以上に頭皮を清潔にする努力をすることで薄毛化を防ぐことはできるはずです。

帽子で薄毛の真相

髪の毛が柔らかい人はハゲやすい!?

もしこれが正しいならば、髪の毛が硬い人はハゲにくいということになりますが、必ずしもそうではありません。髪の毛が硬い人は頭皮が丈夫な人が多いと言われるので多少関係はあるかもしれませんが、医学的根拠はないようなので髪の毛が柔らかい人も安心してください。

毛深い人はハゲやすい!?

薄毛の人に胸毛の生えている人が多かったりするので言われる説です。

頭髪は女性ホルモンの影響が大きく、体毛は男性ホルモンの影響が大きいので、毛深い人=男性ホルモンが強い、よって女性ホルモンが弱い=頭皮の働きが弱くなる。と考えられているようです。

しかし、これも当てはまらない人がいます。
女性ホルモンも男性ホルモンも両方多い人です。

体毛も頭髪も多い人は大勢います

よって、毛深いからハゲると言い切ることはできません。

主な薄毛の種類と原因を知って効果的な対策を

男性型脱毛症(AGA)(若ハゲ)

M字ハゲ、O字ハゲ、複合型(M字とO字両方)、びまん型(頭髪全体の量が減ってしまう)、若年性脱毛症(20代~30代)、壮年性脱毛症(40代~60代)、男性型禿髪症、アンドロゲン性禿髪症、アンドロゲン脱毛症などに細かく分類されます。

成人男性が悩む薄毛のほとんどを占める主な原因の一つ。遺伝や男性ホルモンが原因と言われています。

皮脂分泌過剰による脱毛(脂漏性(しろうせい)脱毛症)

頭皮に過剰な皮脂が分泌されることが原因で引き起こされる脱毛。

皮脂の過剰分泌を防ぐ為に頭皮を清潔にする必要があります。ただし、皮脂のとり過ぎは逆に皮脂の過剰分泌をまねくので注意。

栄養障害による脱毛

過度のダイエットなどが主な原因の脱毛です。
栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

薬が原因の脱毛

病気の治療薬投与などが原因の副作用的な脱毛。
薬の服用を止めると回復する場合が多いので、医師に相談しましょう。

牽引(けんいん)性脱毛症

長髪時など、髪を後ろに強く引っ張ることで生じる脱毛。
なるべく同じ髪型は避け、強い力で縛ることのないヘアスタイルを心がけましょう。

内分泌疾患を伴う脱毛

甲状腺疾患などのホルモン異常で起こる脱毛。

円形脱毛症

ある日突然、何の前触れもなく一気に髪が抜け落ちる脱毛症。
年齢性別関係なし。ストレスが原因だったり、アレルギー性ものだったりと色々言われますが、はっきりしていません。

自然治癒する事が多いようですが、円形脱毛症の治療には保険が適用されるので、すぐに皮膚科や毛髪専門医師に相談し治療を受けるようにしましょう。

膠原(こうげん)病性脱毛

自己免疫疾患の膠原病で起こる脱毛。
膠原病は細胞と細胞を結びつける組織に炎症が起きる病気です。

梅毒性脱毛

梅毒の症状第二期に、頭毛が不均一に抜けることがあります。

老人性脱毛症

加齢による老化現象が原因の脱毛。
60代以上の人に多く、頭の毛が細くなって毛根から抜けてしまいます。

瘢痕(はんこん)性脱毛症

毛包が破壊され、毛が生えてこなくなる脱毛。
瘢痕とは、切り傷や火傷、潰瘍などが治ったあとに残る傷跡のこと。

生活習慣による脱毛

食生活や喫煙などが原因の脱毛。
食が欧米化している現代は油モノや肉類などの高コレステロール食が多く、それによって血中コレステロールが増加し、頭皮の血行が悪くなると言われています。

毛髪の成長に欠かせない良質のたんぱく質やビタミンミネラルが摂取出来るような、バランスの取れた食生活が必要です。

また、たばこに含まれるニコチンは毛髪の生成に悪影響を与えると言われているのでなるべく止めた方がいいでしょう。


ページの先頭へ